STRADABICYCLES -ストラーダバイシクルズ-

スタッフタイム

夕方ライド[スタッフ松岡]

平日休みの多い僕の夕方の過ごしかたは、下校してきた小4の息子とご近所探索をするのが最近の恒例です。

先日は帰ってくるなり「お父さんエエもん見つけたで!行くで!」とランドセルを放り出し、お茶をごくごく飲んでから自分のバイクを引っ張り出しています。あわてて僕もカメラと小銭だけ持ってMTBの準備。

息子が連れて行ってくれたのはいつも僕がノビルやたんぽぽ、ワラビを摘んでいる土手でした。梅雨前に背伸びして実をつまんで食べていた桑の木の足もと、ちょうど子どもたちの目線でのぞきこむと親指の先くらいの大きな木いちごの実が沢山なっています。

「トゲトゲあるし気ィつけや!」と注意されつつ二人でパクパク口の中へ。よく実っているものは中空で口の中でほろほろと甘く、中の詰まった実はまだ少し未熟ですが爽やかな酸味で、息子はむしろその方がお気に入りだったようです。

 

甘い実には虫がいることもあるのでよく確かめて

もうホタルもいいひんなー、なんて話をしながらひとしきり食べ終えたら次は馬の背状の畦道をバランス取りながら通り抜けたり、草むらの斜面を駆け下りたり。小4にもなると想像以上にタフになっていて、以前は怖がってた急斜面(ちょっとしたドロップオフ)もヒョイと降りれるようになっていたり。日々の成長を感じるとともに、そんな乗り方を受け止めてくれる良い自転車を選んだものだ、と自画自賛。

夕方の1時間ほどでしたが普段と違う目線のサイクリング、とても新鮮でした。今後のイベントライドに活かせ…るかどうかはともかく親子そろって足下の食べられる植物が気になってちっとも距離が伸びないのはDNAですかね。皆さんもライドの休憩の際、ちょっと周りの草むらをのぞいてみると面白いものが見つかるかもしれませんね。

 

この記事を書いたスタッフ

HIROYUKI MATSUOKA
スタッフ 松岡 宏行
姉妹会社の株式会社ライダスでサイクリングガイドを担当。ストラーダバイシクルズでは草津・彦根両店でフロアに立つ。脱サラして飲食店を経営していたことがあり、ストアイベントではよく料理を振る舞ってくれる。和食系が得意。他にも世界各国をバックパッカーで旅した経験がある。約40カ国を2年で周遊。エピソードとしてはケニアからエチオピアを貨物トラックの荷台で4日間かけて陸路で移動したとか、エジプトではヒッチハイクしたのがロバ車だったとか、トルコでは腹痛に見舞われ、急遽運ばれた病院で盲腸のオペしたとか、数多くの逸話を持っている。
LINEで送る
メールで送る