STRADABICYCLES -ストラーダバイシクルズ-

スタッフタイム

今さら?今こそ!2018年のイチオシアイテム![スタッフ松岡 編]

2019年。新たな年を迎えた今だからこそ、2018年にストラーダスタッフが”一番気になったアイテム”を振り返る企画、「今さら?今こそ!2018年のイチオシアイテム!」を連続掲載!

本来ならば2018年の末に行うべき企画って感じですが・・・まぁ、それはそれ(笑)
スポーツバイクショップのスタッフの目線で、2018年に一番気になったアイテムから、2019年の動向を探ってみようと言う意欲的(?)な企画のスタートです!


皆さんあけましておめでとうございます。本年も変わらずよろしくお願いいたします。

さて、2018年気になった、そして今も気になっているイチオシアイテムはと申しますと

 

キャノンデールの新作グラベルロードTOPSTONE。 ストラーダのロングライドイベントで大好評だった本格エンデュランスバイク Synapseと同じスタック&リーチを持ち、かつオールロードジャンルの元祖Slate の遺伝子を引いたこのバイクが気にならない訳がない。色んな点でレネゲードと比べてどうなのかも気になるところ。トップモデルはグラベルロードでも広まりつつある1x11のコンポにドロッパーポスト装備。プロモーションビデオを観ても結構なオフロードをガシガシ走り抜けていますね。セカンドグレードは105を搭載。でも僕が気になるのはあえてのエントリーグレードのSORAモデルです。

全車共通のフレーム以外は各所それなりにコストダウンされていますし、何よりディスクブレーキ制動が油圧 → ワイヤーではありますがきちんとクリアランスを調整すればそれなりに(握力次第ではありますが)効くのは他のバイクで経験済み。むしろこのワイヤー引きのディスクが僕には魅力的なのです。頑丈なアルミフレーム、外出先でもメンテの容易な機械式ディスクとくれば輪行キャンプツーリングに行くしかないじゃないですか!

今の愛車JAMISでカーボンフレーム/油圧ディスクの恩恵は充分感じてはいますがやはりガレ場での転倒や出先でのエア噛みは気になるもの、輪行パッキングでもフレームに傷がつかないように となるとそれなりに手間も気も使います。もちろんアルミフレームだからといって傷ついても良いわけではありませんが多少なら道具としての味でもあるかな、と。

お値段も11万5千円とグラベルやバイクパッキング入門にもピッタリのお値段。105モデルとの価格差でシートバッグやフレームバッグも。チェコのアウトドアブランドACEPACならフルセット揃えられます。なんならハンドルバーバッグが装着しやすいように730mmくらいのバーバンドルに換装して・・・

 

と妄想をふくらませつつメーカーサイトを開いて在庫確認すると、お?おおお?

現在僕のサイズ(S)が国内在庫ナシ、次回入荷が4月半ば。どうなる僕の輪行ライフ!?

この記事を書いたスタッフ

HIROYUKI MATSUOKA
スタッフ 松岡 宏行
姉妹会社の株式会社ライダスでサイクリングガイドを担当。ストラーダバイシクルズでは草津・彦根両店でフロアに立つ。脱サラして飲食店を経営していたことがあり、ストアイベントではよく料理を振る舞ってくれる。和食系が得意。他にも世界各国をバックパッカーで旅した経験がある。約40カ国を2年で周遊。エピソードとしてはケニアからエチオピアを貨物トラックの荷台で4日間かけて陸路で移動したとか、エジプトではヒッチハイクしたのがロバ車だったとか、トルコでは腹痛に見舞われ、急遽運ばれた病院で盲腸のオペしたとか、数多くの逸話を持っている。
LINEで送る
メールで送る