STRADABICYCLES -ストラーダバイシクルズ-

スタッフタイム

スタッフ太田ができるまで![入社後の不思議なお仕事編]

こんにちは、スタッフ太田です。
今回もやってきましたスタッフブログ。
これまで自己紹介的な事をいろいろ書いてきましたが今回がひとまず最終回です!


ストラーダに入社して普段出来ないような色々な経験をさせてもらった私ですが、今回は他のスタッフから「この話題は書かないとダメでしょう」と言われたアノのお話しを書きたいと思います。

ストラーダに来てひと月、突然大きなお仕事を任されました。

それは…

まさかの「映画のお手伝い」!!!

dscf0059_1

もうだいぶ前の事なのでこの事をご存じで無い方の方が多くなっていると思うのですが、入社して数ヶ月、初めて頂いた大きいお仕事が、まさかの映画のお手伝いでした。

20161112_012842

その映画とは「実写版のシャカリキ!」
曽田正人先生の自転車漫画でご存じの方も多いのではないでしょうか?
今では漫画を実写化している作品も多くなってきているのですが、当時はまだ少なかったと思います。

私の担当させてもらったお仕事とは、自転車初心者の俳優さんらの吹き替え役でした。
吹き替えって言ってももちろん声の吹き替えではなく、顔とかが映らないシーンで代わりに走って撮影する役をいただきました。

dscf0268

私の担当していたキャラクターの自転車、なぜか補給食としてドーナッツホルダーが(笑)   左が当時の愛車CAAD9です。

20161112_005400

走行シーンを撮影する日は、ほぼ毎回スタッフとして帯同させてもらっていました。

若手の俳優さんが多かったので皆さん自転車も問題なく乗りこなしていたため、実際に撮影が始まってみると我々吹き替え組が撮影する事も少なく一日現場待機で終わる日も多かったです…

frr
映画本編DVDから画像を引用
(C)2008「シャカリキ!」フィルムパートナーズ

レースシーンの撮影では伊豆のサイクルスポーツセンターや宇都宮のジャパンカップのコースを使って撮影していました。
一般公募のエキストラさんも混ざっての撮影だったのですがどこかで見覚えのあるジャージが

そうです私もストラーダジャージを着て参加させてもらっていたのです。^^

撮影は監督から指示が飛んでいたのですがエキストラの方に集団のコントロールをお願いするのも悪いので私が集団のまとめ役を引き受けさせてもらいました。

撮影前に「だいたいこのぐらいのスピードでこんな感じに」みたいな説明をし集団をコントロール。
結果ほとんどのレースシーンでストラーダジャージが先頭を引っ張る面白い構図になってしまいます。
第一集団でも第二集団でも前を引っ張ってました(笑)

thdh
映画本編DVDから画像を引用
(C)2008「シャカリキ!」フィルムパートナーズ

味方選手のジャージ着ていたり、敵チームのジャージを着ていたり、ストラーダの選手になっていたり、観客になっていたり、いろんなところに出没しているので探すだけで楽しいと思います。

http://blogs.yahoo.co.jp/shakarikimovie/6387697.html

実際の撮影風景等、まだ公式ブログが残っていたのでよかったら見てみてください。ほんと雰囲気が良い現場でした。

普段皆で頑張って何か一つのものを作るっていう事をする機会が無いので、出来上がったときは凄く感動しました。
ほんとまたいつか、こういう物作ってみたいです。

こんな感じに自転車を通じて普通じゃない体験をいっぱいさせてもらった私ですが、色んな人に恵まれているなぁといつも思います。

プロになったり、海外行ったり、映画でたり。
これも自転車乗って楽しんでいたからこそできた経験。
今後も色んな事を楽しんでいきたいです。

以上、スタッフ太田の簡単なご紹介でした^^
今後も宜しくお願い致します。

※使用している映画の画像は「著作権法32条」に基づき、文化庁のガイドラインに従って合法的に掲載させていただきました。

この記事を書いたスタッフ

TAKAAKI OTA
テックスペシャリスト 太田 貴明
学生時代には全日本タイムトライアルのチャンピオンを獲得。
各地の学連レースや国体のトラックレースでも優勝・入賞を果たす。
2013年はJプロツアーチームのTEAM UKYOで選手として活躍、2014年より同チームのメカニシャンを務める。
社内では新車アッセンブルやオーバーホールを集中的に行うスペシャリストとして活躍している。
ロードで足慣らしをしたが、現在はマウンテンバイクにハマっておりSDA王滝100kmで入賞することが目標。
LINEで送る
メールで送る