STRADABICYCLES -ストラーダバイシクルズ-

スタッフタイム

MAVICのチューブレスタイヤでパンク!![スタッフ上野]

たくさんの方にご指示をいただいている「MAVIC UST TUBELESS」

チューブを取り除く事により「軽く」、「乗り心地が良く」、その振動吸収性はクリンチャーを遥かに超えています。
これだけ書くと良い事づくめですが、スタッフ上野が気になっていたのは、パンクした時にどうなるか?でした。

スタッフ上野はCOSMIC ELITE USTを使用しており、空気圧を保持する為にシーラント剤を注入しております。シーラント剤とは白い液体になり、チューブレスには無くてはならない物になります。
タイヤに傷がついたり穴が空いた時、該当箇所をシーラントが「埋めて」くれる為、パンクをしなくなります。
釘や尖った石など、深く踏んでしまった場合は、さすがに無理かもしれませんが、小さな傷や穴であれば、パンク予防の効果は高くなります。

パンクしないかなぁと思いながら(パンクを切望する方はいないと思いますが)、ある、通勤途中に、遂にパンクしちゃいました!!
パンクをして、内心、ガッツポーズ!!そしてパンク箇所の動向を注意深く観察していました。

考えてみれば、チューブの場合は、空気が抜ける箇所は(チューブに穴が空いてなければ)空気を入れるバルブの小さな穴だけになりますが、チューブレスタイヤの場合、ホイールとタイヤの接合面全てが空気が抜ける箇所になります。
シーラント剤を入れておくと、このスローパンクの防止にもなるようです。

チューブレスタイヤは、ゆっっっっくりと空気が抜けていき「スローパンク」になりやすく、この時もまさにその状態でした。
シーラント剤がパンク箇所から勢い良く吹き出し、1分くらい経つとその吹き出しが少なくなり、空気の抜けが無くなりました。
結果的に1気圧の減りでおさまり、パンク修理をする事なく、すぐに走り出す事が出来ました。

指定空気圧は最低5気圧、最高7気圧になるので、乗るシチュエーションによって、様々に空気圧を変える事が可能です。
例えば、ビワイチなどのロングライドの場合は5気圧で、乗り心地重視にし、速く走りたい時は7気圧など、空気圧を使い分ける事により、一つのホイールでバリエーション豊かに使用できるのもチューブレスのポイントですね。

スタッフ愛用率も高い「MAVIC UST TUBELESS」
気になる方はお気軽にスタッフまでお聞きくださいね。

この記事を書いたスタッフ

TSUYOSHI UENO
フロア&テックスタッフ 上野 剛志
初めての方にも優しく丁寧に接客することがモットー。
副店長という職責からスタッフ間の調整役としての役割りが多い。
元アパレル業界での経験を活かし、サイクルウェアの着こなしやレイヤーのアドバイスもできる。
メカに対する探究心も深く、テックパートの責任者としても日夜研究を続けている。
ロードレース、とりわけ日本のJプロツアーのレースがとにかく好き。
自身もホビーレースで勝利することが目標。
LINEで送る
メールで送る