STRADABICYCLES -ストラーダバイシクルズ-

レポート

アイアンマンチャンピオンシップのボランティアに行ってきましたレポート〜後半編〜

今年のワールドチャンピオンは…

ドイツの「ヤン フロデノ」選手!今年も王者に☆ディフェンディングチャンピオンとなりました!しかも上位3位が3人ともにドイツ勢!

女性のチャンピオンは記録を約6分も更新したスイスの「ダニエラ リフ」選手!昨年のに引き続き優勝となりました!

この暑さでレコード更新ってスゴイ!!世界の王者はスゴイ!!って圧巻です。

そして次々と後続の選手がゴールゲートに帰ってきます。

image

ついに16時から私達の出番です。
16時だと、9時間くらいのタイムなので、結構早い選手達。
結構半袖ウェアやアームカバーで日焼け対策をしている選手が多かったのですが、日焼けがスゴイ!そしてこの時間帯にゴールする選手の筋肉はしなやかな筋肉はでした。
まだまだ普通に歩いてベッドに来られます。淡々とマッサージを続けます。

途中、「白戸 太朗」選手もゴールされてマッサージブースへ来られていました。

18時くらいになると、マッサージをまつ選手のが長蛇の列です。

時間が過ぎていくに比例して運動時間が長くなるため、日焼け、筋肉の状態にがひどい方が多くなってきます。

マッサージする前にベッドに寝てるだけなのに、ふくらはぎ痙攣してるし……
2人のボランティアに担がれて、来るし…ドキドキです。

image

マッサージ中は失神したらマズイのでひたすら寝かせないようにしゃべらなければいけません。ただ英語が苦手な私…「Are You OK?」と何度も声かけながら。

英語が話せたら、もっとレースについてたくさんのコミュニケーションが取れたのになぁ〜と反省。

シフトは20時までだったのですが、抜けれる気配もなく21時半くらいまでひたすらマッサージをしていました。かなりの人数を実施したと思います。

そしてちょっと隙をみて、私の任務は終了!
ちょっとだけホテルのフロントで一息をいれてから、最後のゴールシーンをみに、ゴールゲート付近まで。

image

ボランティアTシャツのおかげで、一般の方達がでは絶対にはいれないために、場所までこれました!しかもゴールゲートの真ん前です!
ちょっと花道が見えないのが残念でしたが、ゴール後の選手はばっちり見える場所でした。

image

この頃のゴールになると、本当に長い時間かかってきた選手達になるので、ゴールの感動もすごく大きい!
ゴールの嬉しさが、すごく伝わる表情!表現!大地にキスしたり…
日本人ではあまり見られない雰囲気でした。まだ最終ゴールまで1時間あるのに、涙がとまりません。

image

エイジ男性の制限タイム(17時間)が少しだけずつ近づいてきます。そこに、なんと日本のレジェンド「稲田選手」御歳83歳!ゴールのされました!昨年はあと5秒足りないというとても残念な結果でしたが、昨年の記録を上回り、ゴールのです!
今年は80代が1人で最高年齢です。一気に会場が湧きました。

image

ゴールした女性のにMCと周りの観客が全員で「You Are An Ironman!!」ってゴールと讃えます。また感動で涙がとまりません。

最終ゴール24時10分を待つまで、MCがどんどん盛り上げていきます。みんなが踊りだします。すごい熱気です。すごいエネルギーです。
そして1分前よりカウントダウンが始まりました。1人でも多くゴールのして欲しい!その気持ちが会場をさらにエネルギッシュにしていきます。

image
残念ながらこの1分間では誰もゴールはできませんでした。

長い1日がおわりました。

image

そして、制限時間を過ぎるとタイマツをもった2人の男性がダンスを始めます。
これまたハワイ伝統のショーでした。

最後に王朝?高齢の女性の方が祈りの歌?を歌っている時に選手が1人帰ってきました!かなり高齢のおばあちゃんです!スゴイ!

スゴイエネルギーを感じ、夜は興奮して寝れませんでした(笑)

ハワイ島はパワースポットでも有名ですが、本当大きなエネルギーを感じた1日でした。
私もいつかこのゲートをくぐりたい!頑張るぞ!ってたくさんのパワーをいただきました。

この感動は書ききれません!是非京都店アツウミまで聞きにきてくださいね☆

聞かれなくてもしゃべってると思いますが(笑)

LINEで送る
メールで送る
レポート

アイアンマンワールドチャンピオンシップボランティアに行ってきましたレポート〜前半編〜

世界各地で開催されるアイアンマンシリーズ(スイム3.8km バイク180km ラン42.195km)で上位にたった者だけが出場権をあたえられる「アイアンマンワールドチャンピオンシップ2016」がハワイ島カイルアコナにて実施されました。

image
トライアスリートなら憧れる場所はです!そう、私アツウミは完走できるかどうか……というKONAにはまだまだまだまだ届かぬ存在でしたが、今回どうしてもこの雰囲気を感じたいということで、ボランティアでハワイ島カイルアコナに行ってきました!

image

まずは前日…
私のボランティアの内容は「マッサージ」でした。
オイルマッサージとPNFストレッチを組み合わせた手技です。
もともと身体をトリートメントしていた時代もあり、トップアスリートの筋肉や、身体の状態ににとても興味があったので、申し込みました!

img_1874

前日は朝からひたすら手技の確認と、練習…〔ここに来る前に団体の研修の資格を得てから、来てます〕
統合練習を夕方前まで行いました。
なんせ、たくさんの人が列をなして並ぶようなので、スピード、的確さが大切です!

さらに英語!!私大丈夫なのか???

img_1875

そして夕方に少しだけ、カイルアコナの大会会場まで様子を見に行きました!

もともとKONAは超自然いっぱいの場所はです。
大会の会場はアリイドライブと呼ばれる通りで、アイアンマン一色になっていました。

r0010293

さて今日の一番の目当ては…アイアンマンオフィシャルグッズ!すごくたくさんの種類があって、時間と使えるお金に限りがなければ何時間でも居座っていたと思います。かなりテンションが上がりました☆

r0010296

そして会場をうろついていると、選手たちが列をなしてバイクのチェックインがおこなわれていました。
見る人、見る人が強よそう!!カッコイイ〜〜〜

r0010298

トランジッションエリアにはすごい数のバイク!

もちろんですが、セキュリティーもしっかりとしておりました。

そしてアリイドライブを歩いてウィンドウショッピング☆ってまたまたアイアンマンブースを発見しました〜

2XUやnewton、サーベロ、VENTUM………各メーカーのテントがいっぱい!
でも夕方すぎて後かたずけされていたので、ほとんど見れず…
明日の空き時間に来よう〜って楽しみに残しておきました☆

r0010302

その日の帰り・・・夕日がとてもキレイ!!明日は晴れるかな??

その日は早めに就寝、明日は4時出発です!

レース当日
4時出発をして、現地へ。まだまだ真っ暗。日の出は6時15分くらいに。
とりあえず一番見やすい場所とりからスタートです!

image

ピアという防波堤みたいなところを陣取ることができました。あとは2時間ひたすらスタートを待つのみ……お尻いたい(笑)

image

image
6時くらいからボランティアのレスキュー、ボート、ゴミ拾い??の方たちが海に集まります。

image
選手達の熱い気持ちを映し出すかのように、この日の朝日は真っ赤でした!

6時25分。プロ男子からのスタートです。スタートラインまで泳いでいくのが見られます。
プロはまだ人数が少なく、スタートしてきました。
そしてプロは女子、エイジ男性、エイジ女性の順番でスタートです。だいたい15分くらいの間隔でスタートしてきます。

img_1863

エイジ男性が一番多く、横に何百メートルと広がります。なので、前後は5人以下くらいでなんせ横に長〜く広がりスタートになりました。
スタート見るだけでも興奮です。これから長い旅が始まるんだなぁって。
はた目で見てるとたくさんのトビウオが泳いでるみたいで、とてもキレイ。
でもバトルですごかったんだろうなぁ。
スタートラインでスタートを待っている間も自分のスペースを確保するのにバトルがあるらしい。
エイジ女性がスタートしたころに、男性プロが帰ってきました。

img_1789

私たちもマッサージブースの設営の為に、一旦移動します。
テロ対策により、カバンなど持ってはいれないために、駐車場まで移動して荷物をいれます。
そしてボランティアTシャツをきて、IDカードをはめて、まずはマッサージブースへ!

image
向かっている途中、バイクへ進んでいく選手が見れました!

あの「CERVELO P5X」も私がみたなかでも4、5台みました!
どうしても職業上、選手が乗っているバイクを見ちゃうんです(笑)

マッサージブースから戻ってくると、ほとんどの選手がバイクパートに行って、ちょっと落ち着いた状態になっていました。
ここからが私達の自由時間です(選手が帰ってこないと、出番ないので)

img_1725

まずは朝食を食べてなかったので、アサイーボウルから☆

img_1729

アリイドライブのランのゴール前の道ですが、チョークでメッセージがいっぱい!

なんと1位の選手がバイクから帰ってきたではありませんか!!早っ!
言うてる間にランに行かれました。トップの選手にはバイクやヘリコプターが着くので誰がトップか分かりやすい。

そして少しだけ仮眠をホテルのロビーでとって、そろそろ荷物を車に置きに駐車場へ。

img_1738

駐車場から会場に戻る坂が結構な急勾配です!

ランの始めの方なのですが、とぼとぼ歩いている選手もみかけられました。

何より、かんかん照の真夏のような暑さ!暑さでぐったりなんでしょうね。

img_1861-2
その時、「白戸 太郎選手」発見!ランに向かっていました。

昨年は骨折で大怪我の中の出場でした。今年は元気に走っていらっしゃいました☆
このペースで行けばかなり速いんじゃない?なんてみんなで言いながらマッサージブースに向かう途中…

バージョン 2
トップがゴールに向かって帰ってきました!

後半に続く・・・お楽しみに!!

LINEで送る
メールで送る