STRADABICYCLES -ストラーダバイシクルズ-

スタッフタイム

“旅”を感じさせる自転車たち[スタッフ松岡]

自転車周辺の記事を、と言いつつやはり自転車のことも。

大将軍の旧滋賀店時代に初めてのスポーツバイクであるTREKのシクロクロス車を購入、ロードの軽快さと、キャンプ場への山道へも気兼ねなく突入できるタフさを併せ持つお気に入りバイクでした(現在知人に貸し出し中)。

その後はファットバイクで近所の裏山トレイルや湖岸をズルズルゴリゴリと走る楽しみを覚え、ロングテールバイクでは荷物を自転車で運ぶことの利便性に目覚めました。ロングテールにいたっては趣味も実益(居酒屋/食堂の仕入れ)も兼ねて2台乗り継いでいます。どちらも現在は扱いのないブランドではありますがあまり実車を見ることもないカテゴリーなのでご興味のある方はぜひ。

現在のメインバイクはJAMISのレネゲードエキスパート。東レの高性能カーボンT700をフレームに使用したグラベルロードの先駆けとも言えるバイクです。ガッチリした前三角としなやかな後ろまわりでオンロードでの乗り心地は極上、結構なガレ場でもグイグイと走りきる力強さ。フレームに3ヶ所、フォーク左右にそれぞれダボ穴がありますので多様なボトルケージやキャリア類の装着も可能、フレームバッグやサドルバッグを装備すれば世界的に流行しているバイクパッキングに即対応。

学生の頃はテントや寝袋を積んだオートバイで日本中をツーリングしていましたが、それを自転車に置き換えて「ああ、こんなちっぽけな装備で人間なんて案外快適に過ごせるもんなんだなー」という気持ちを再度実感してみようと思います。

写真は11/20の御代参街道にて。街道旅のエッセンスの詰まった楽しい旅程でした。この道もいつか皆さんとご一緒できることを。

LINEで送る
メールで送る
スタッフタイム

新しいバイクは、ちょっとマニアックなMTB!![スタッフ田中]

ここ最近、寒かったり少し暖かかったり、安定しない天気が続いていますね。

私スタッフ田中は・・・またもや自転車を購入しちゃいました!

ここ一年で何台買ったんでしょう・・・え~っと、4台目ですね(笑)

実は過去にMTBを所有していたのですが、なかなか乗る機会がなかったので一度は手放してしまいました。

ところが、夏ごろに試乗した際、乗ってみたいと思うバイクが登場したので、ついつい勢いでオーダーしてしまい遂に組み上がったのがこちらのバイクです!!

JAMIS DRAGONSLAYER 27.5+ SPORT

しなやかなクロモリフレームにセミファットな「27.5+」ホイールを採用したこのバイク。

しかも、チューブレスレディのホイール・タイヤのためシーラントさえあればすぐにチューブレス化ができ、乗り心地は驚くほど向上します。ふわふわとした浮遊感が楽しめて、サスペンションが不要なのでは無いかと思うぐらいのクッション性です。

コンポーネントはシマノのSLX 11速。フロントはシングルギアでシンプルにまとめているためトラブルが少なく、走ることに集中出来そうです!

シンプルな細身のフレームに、ボリューミーなセミファットタイヤの対比が素敵な一台!

ハンドル・ステム・シートポストは同郷アメリカの「RITCHEY」で纏められているのもカッコイイですね!

クロスカントリーでは流石に重さが気になるでしょうが、トレイルライドには大活躍しそうな予感。今からトレイルを走るのが楽しみで仕方ありません!

来月からはイベントでガンガン乗って行きますので、興味がある方はお気軽に乗ってみてくださいね!

LINEで送る
メールで送る
スタッフタイム

新年ですので・・・インソールを替えてみました![スタッフ山本]

冬の季節、ペダリングやトレーニング方法を見直したいという方が多く、おかげさまでSHIMANOフィッティングの稼働率がフル回転状態となっております!ありがとうございます!

フィッティングを行うとペダリングに”うねり”が生じている方が多く、そのうねりを解決する一つの方法として「インソールの交換」をご提案する事が多くあります。

”うねり”の原因は数多くありますが、ペダリングを安定させる為にシューズの中で安定させる事で解決するケースが多々あります。

特に最近のシューズはBOAダイアルなどで足の”上部分”のフィットが向上しているのにも関わらず、インソールに関してはモロに足の個人差があるので、どうしてもシューズに付属しているインソールでは性能的に満たされにくいんですよね。

そこで登場するのがカスタムインソール。
当店では「Sidas(シダス)」のカスタムインソールをお薦めしています。

SIDAS.jpg

Sidasの歴史は古く、1975年からスポーツインソールの開発、販売を行っている老舗ブランド。

熱成形で一人ひとりの足型に合わせたカスタマイズを行う事により、よりフィット感が増し、更なるペダリング効率を向上させる事が可能。
熱成型はご自宅でも加工可能ですが、当店で導入している「HDバキュームシステム」では三次元方向での成型が可能となり、より精度の高い正確なフィッティングを行う事が可能なんです!


数多くの方のインソール成形をする機会が多く、ふと、そういえば自分のインソールも成形してから随分と経つなぁ・・・と思い・・・
久々に新しいものをウチのスタッフに成形してもらいました!

まずはHDバキュームに全体重を掛けて足型を作ります。

この時の姿勢や作り方が重要!
しっかりと脚をサポートするような形状にするにはちゃんとした講義を受けた上で数多く成形する経験値が必要なんです。

幸い、滋賀県下でスポーツバイクのSidas成形はストラーダのみが行っており、私以外のスタッフも経験値は豊富!
なので今回も安心して成形を任せることができます(笑)

実際にインソールを入れ替えてみると・・・もうその瞬間で違いがわかります。古くなっていると意外と形状もヘタるんですね。さすがに5年も使うと寿命ですね(笑)

冬のシーズン、新しい機材を投入される方も多いですが、個人的には「身体(ソフトウェア)に対する機材投資」という意味でもカスタムインソールをオススメします!

草津本店&彦根店で常時施工可能ですので、気になる方はお気軽にお尋ねくださいね~

LINEで送る
メールで送る
スタッフタイム

2017年誠にありがとうございました!

2017年の営業も今日でおしまいです。
今年も皆様にご愛顧いただき、なんとか越すことができます。

本当にありがとうございます。
2001年に瀬田で産声をあげたストラーダバイシクルズも18年目に突入。
さらに皆様のお役に立てるようにスタッフ一同努力してまいりますので、2018年もなにとぞよろしくお願い申し上げます!

個人的には・・・来年こそ万全な体調でアイアンマンに出場するぞ!と誓いつつ忘年会に向かうテンチョー井上でした。

載せる写真が思い当たらなかったので、窓拭き中の厚海をパシャリ。年末におっさんの写真よりいいですか・・・。

 

 

LINEで送る
メールで送る
スタッフタイム

新しいウェアで、カメラを持って!またもや○○○へ![スタッフ田中]

寒さってなかなか慣れませんね・・・皆様は風邪とか大丈夫ですか?

かなり寒い日が続いておりますが、びっくりするぐらい身体が丈夫なスタッフ田中は今日も元気バリバリで働いております!うるさかったらごめんなさい!!(笑)

前回のお休みは、おニューのRivelo(リベロ)のウェアを着て、ウッキウキであるところに行ってきました!!

・・・まあ、お察しの通りルモンです!(笑)

代わり映えのない写真ばかりではあれなので、今回は初めてカメラを持って来てみました。

撮ってもらったイキッてる僕の写真

さらに今回は同伴者あり!イベント以外では極めて稀なケースですが・・・

ルモン初体験の新人スタッフ・タキノも無事登りきることが出来ました!そのうちルモンで僕に勝つと豪語してますが、今後に期待ですね。

頂上で先日納車したばかりのお客様と偶然合流したので、バイクを撮影させてもらいました!

(O様、写真お渡ししますので、またお越しくださいね!)

買ったばかりのRiveloウェアは、すごく着心地が良くて氷点下の下りでもバッチリでした!何より、カッコ良すぎてめちゃくちゃテンションが上がります♪

ルモン108本チャレンジは、やっと折り返し・・・うーん、僕がなんとかしなければ・・・!!

皆様、ぜひご協力くださいね!

絶対に達成して、気持ち良く新年を迎えましょう!!

 

LINEで送る
メールで送る
スタッフタイム

さて、ヒザのケアですが・・・[スタッフ山本]

彦根店店長のヤマモトです~
前回の「寒い季節はヒザにご注意!!」で記載していたように、寒い季節に膝を痛めてしまう人が意外と多いんですが、そういう方に超絶にオススメしているのが・・・サポーターなんですね。

個人的には絶対にハズせないのが、このサポーター。
膝へのインパクトを防ぐ方法は数多くありますが、経験上、一番良いと思ったのは「テーピング」でした。が!毎回のライドでテーピングを行うのは正直めんどくさい(笑)かつ、コストもバカになりません。
ので、そこからがサポーター探しの旅でした・・・

ここにあるサポーターはほんの一部。私が膝を壊したのは今のようにインターネットもない時代。
とにかく色んな人に意見を聞き、様々な文献をあさり、そして見つけたのが・・・!

サポーターブランド「ZAMST」の「SK-1」というモデルなんです!
いやぁ、このサポーターに行きつくまでに多分10万円以上は注ぎ込みましたね・・・
※ちなみにこのZAMSTは当店での取り扱いがありません!ここらへんがリアルでしょ(笑)

しかし!重要なのはこのSK-1の使い方とサイズ!
実際にどうやって使うかは・・・店頭にて私までお尋ねください!(笑)

そしてそして・・・残念ながらこのSK-1、廃盤になってしまいました・・・あああああ!これからどうするのか、ジブン。
まだまだサポーター探しの旅は長く続きそうです(泣)

LINEで送る
メールで送る
スタッフタイム

冬でも頑張ってトレーニングしましょ![スタッフ上野]

こんにちは!スタッフ上野です。
トレーニング方法について真剣に書きましたので一読していただけると幸いです。

今月からルモン108本チャレンジを開催していますが、久しぶりにスタッフ上野もルモンにチャレンジしました!!

お客様と一緒にルモンに行った時は22分と自分にしては好タイムでした。
そこで意気揚揚と21分台を出すべく気合を入れて一人で走りに行ったらタイムが遅いのなんのって!!
22分がサイコンのエラーじゃないかって思うほど惨敗でした。

そこで何が自分に足りないのかを考えてみましたが・・・心配ではなく心肺の弱さだと思いました。
心肺機能を鍛えると言いますが、さてどのようにトレーニングをしたらいいのでしょうか??

まずは心拍計を使用する事です。ある程度の負荷をかけて走行すると心拍数が上昇していきます。負荷を止めると心拍数は落ち着いてきます。
心肺機能が高い人ほどすぐに平常心拍に落ち着き、心拍数の戻りが速く、すぐに息が整う人の事をいいます。

さぁ、ここからが今回のBlogの本番!心肺機能を高めるには単純にロードバイクに乗っていても鍛えられません。
じゃあ、どうしたいいかというと「インターバルトレーニング」を行う事が重要かなと思っています。

インターバルトレーニングというのは例えば15秒間全力でもがいて、その後45秒間ゆっくり走るというのを1分として数セット繰り返すトレーニングです。
心拍数を一気に上げ、落とすを繰り返し強制的に肺に強い負荷を与えてやります。
スタッフ上野はパワーメーターを用いてローラートレーニングをしています。←(パワーメーターに関してはまた別の機会にお話ししますね)

ただ、このトレーニングの問題は「めちゃくちゃしんどい」という事です。「気合い」をいれないと到底できません。
このインターバルトレーニングを冬の間に黙々とこなせば、春になれば必ず効果が表れると信じてやり続けるのみです。

インターバルトレーニングはローラーが適していると思いますが、外で乗る時もただ乗っているだけでなく、ある事をするだけでインターバルトレーニングになります。

その「ある事」とは次のBlogで詳しくご説明致します。次のBlogまで待てないよ!という方は店頭にてスタッフ上野がコソッとお教えしますね。
その他にもトレーニング方法について気になる方はいつでもお気軽に聞いてくださいね。

LINEで送る
メールで送る
スタッフタイム

ライダス

ストラーダバイシクルズで一番のレアキャラになってしまいました、テンチョー井上です。
「最近見かけなくなったじゃない・・・」
「寂しくなったのお・・・」
「何してるの・・・」
などと巷でささやかれ、ご迷惑をおかけしている今日この頃・・・。
私はなんとか元気にいきております。店舗には立っておりませんが、いつも草津本店のバックヤードや彦根店のどちらかにはおります。

「じゃあ、そこでナニしてるの?」。。。今日はそこが本題。

実は昨年から別会社を立ち上げました。その名も「株式会社ライダス」

 

スポーツバイシクルの本質である「乗ることの楽しさ」。それをご提供することがスポーツバイクショップの務めであると、従来より社是といたしてきましたが、昨今の業界の盛り上がりや、ブランドからの「セレクトショップ化」の追及などもあり、ショップの業務は拡幅するばかり。一方でイベント業務はなかなかにご提供できなくなってきました。
従来はレース志向のお客様にフォーカスしてビジネスを進めてまいりましたが、最近は原点回帰でサイクリングやツーリングなどのお客様がたくさんご来店いただくようになりました。
そこで意を決して作り上げたのがライダスです。

この会社は物販ではなくイベント系のサービスを販売しています。
主な事業としては・・・

①ガイド付きサイクリングツアー

②自転車メーカーとのコラボレーションイベント

③サポートカーを使ったアシストビジネス

④バイクジムの運用

などなどです。実際に稼働しているのはまだ少しですが、ストラーダバイシクルズでは対応しきれなかった需要にお応えすべく日夜勉強しております。

さらに事業展開していく予定ですので乞うご期待!

写真は先日開催させていただいた旧中山道ツーリングの様子です。

LINEで送る
メールで送る
スタッフタイム

あらためまして初めまして[スタッフ松岡]

草津店でも彦根店でもさらにツアーでも、また一部のお客様にはストラーダ入社以前から何度もお会いしておりますがスタッフブログでは初登場、今さらですが初めまして。松岡宏行と申します。

まずは簡単に自己紹介を。京都出身ですが大津在住になってはや25年。最初の就職は草津の重度障害者施設での介護職でした。もともと学生時代から飲食サービス業のアルバイトに従事していましたが、介護の現場では食事時だけではない生活すべてのサービスに関われることに充実感を感じながら過ごした五年間でした。

その後、学生時代からの目標であった世界一周旅行に妻とふたりリュックを背負って出発、二年間あちこちでそれなりにエキサイティングな日々を過ごしてきました。そのあたりのお話はまたいずれ。

帰国後は大工さんに弟子入りのあと縁あってもといた施設の職員食堂に就職、調理はもともと出来たものの食堂運営のあれこれを学んで独立、瀬田にて居酒屋を経営しておりました。ストラーダとの関わりはここから。店を閉めたあとにいつも立ち寄ってた駅前の焼酎バーでよく出会って話すようになった声とカラダの大きい人が僕の今のボスであります。

我ながら不利な立地のわりによく賑わっていた自分の店ではありましたが家庭事情や、やはり障害者福祉に関わりたいという想いで自然栽培を基としたNPO法人の障がい者就労支援施設に転職、店舗の造作から飲食部門をたちあげその運営と利用者(施設を利用される障がい者をこう呼びます)の支援をめまぐるしくこなしなんとか軌道にのせたところで「自転車のツアー部門を立ち上げたい」、というお誘いをうけて転職、現在にいたることになります。

基本的な所属はツアー部門ですが、平日は店舗にて皆様にお目にかかる機会も多いので遅ればせながらのホームページへの登場となりました。ブログの記事内容については、「自転車のことならまかせろ!」な他のスタッフと違い自転車に関わる周辺のことを取り上げていきたいと思います。

今回は街なかショートトリップの際に気軽に立ち寄れる彦根駅下のカフェ MICRO-LADY COFFEE STANDさん。ほんとに駅の真下です。カメラ好きなマスター選りすぐりの豆と英国雑貨に囲まれてコーヒーを楽しむ時間はまさに至福。現在は駅施設の工事中ですこし入り口が分かりにくいのですがぜひ探してみてくださいね。ではまたお目にかかりましょう。

LINEで送る
メールで送る
スタッフタイム

休日も○○○?!スタッフ田中の日常

ストラーダのヒルクライム担当と言えば、そう!私スタッフ田中ですよね?!(笑)

最近は過去最高に体が絞れてきて、10年ぶりくらいに体重が50kg台に突入しそうな勢い。クライマー体型に近づいて来ました!(最近お酒を減らしてます・・・)

そんな私ですが、ルモン108本チャレンジ達成に向けて休日もとある場所に赴きます。もう正解言うてますね・・・そう、ルモンです!!(笑)

ちなみに昨日は5本上るつもりでしたが、果たして結果は?!

正解は・・・店頭で聞いてください!!(笑)(目標は高過ぎてもいけませんね・・・)

ルモン108本チャレンジ、皆様のおかげで着々と進んでおります。

寒い日はくれぐれも凍結にお気を付けくださいね!頂上付近は特にご注意を。安全第一でお願いします!

レースはまだまだ先ですが、冬場の走り込みがシーズン中の結果に直結します。スタッフ田中、この冬は本気です!・・・今のところ(笑)

なので、お休みが合う方はどうかお気軽に誘ってください!一緒に走りまくりましょう♪

また、「ルモンのタイムを短縮したい!」という方は、ルモンを知り尽くしたスタッフ田中がいつでもアドバイスしますので、ぜひ店頭で聞いてくださいね!

LINEで送る
メールで送る
スタッフタイム

最近の私ですが・・・[スタッフ厚海]

スタッフ厚海です☆

最近、厚海は…もちろん店頭にもおります!

ご存知の方も多いとは思いますが、週末は「ライダス」という事業に携わっております☆

ライダスホームページ

どんな事業?

はい、旧街道ツーリングやショートトリップ、エピックライドなどしている会社です☆

基本はサポートカーを運転してて、ワイドでロングのキャラバンを乗り回しています(笑)

時々カメラを持ってツーリングの下見に行ったりもしています☆

さらに今後、インドアジム起動していきます!

でもライダス事業以外はストラーダバイシクルズの店頭におります☆

ストラーダの厚海、ライダスの厚海と宜しくお願い致します!

あっ!私、厚海ですが草津本店店長 上野と一緒にダブル店長として、店長業復帰しました!

ガンガン働きますので、お店に遊びに来てくださいね!

そしてライダスのイベントも是非ご参加ください(^^♪

LINEで送る
メールで送る
スタッフタイム

今年3台目のロードバイクは・・・4年ぶりのイタリアンバイク!![スタッフ田中]

どこまでも趣味に生きる男、スタッフ田中です。

前回は最近ハマっているカメラの事を書きましたが、今回は本業である・・・自転車ネタです!!

今年もあとひと月を切りましたが、実は私、今年3台目のロードバイクを購入しました(笑)

その美しさに実は以前から目を付けていたバイクなんですが、サイズもピッタリですしこの際行っちゃいましょか!

・・・ということで!ついに私も憧れのピナレロオーナーになっちゃいました!!

PINARELLO DOGMA F8 (TEAM WIGGINS、53)

ロードバイクを始めて6年。11台のロードバイクを購入し、それ以外にも様々なバイクに乗ってきました。そして、ここへ来て初めてのピナレロ。

優雅さと力強さが見事なまでに同居したデザインは、見る者を魅了するオーラがありますね。試乗するだけでは分からない、所有して初めて分かる魅力がピナレロには間違いなくあります。

用途毎に使い分けたがる性格の私ですが、今回の「DOGMA F8」は平地用のパーツ構成でアッセンブルしました。でも、この加速感は平地用バイクに留めておくには非常に勿体ないです・・・

最上の変速性能とストレスフリーを求めてコンポーネントは「DURA-ACE Di2」、BBは妥協なくSUGINOのスーパーセラミックで。ハンドル周りは外せない拘りのFSAニューエルゴ。

細部にこだわりを詰め込んでいます。語ると長いので見に来てください!(笑)

現行のトップモデルである「DOGMA F10」はもちろん素晴らしいのですが、未だラインナップされ続ける「DOGMA F8」もやはり素晴らしい。

まず感じたのは加速性能がこの上なく優れているという点。踏み込んだ瞬間、身体が置いて行かれるかと思うほどにバイクは抵抗なく、飛び出すように加速してゆきます。実測重量は7.3kgと決して超軽量バイクではありませんが、その走りの軽さは目を見張るものがあります。

そして、ジオメトリーと以前試乗した際の体験から高速走行時の安定感の高さは想定していましたが、直進安定性とハンドリングのキレの両立に改めて驚きました。自分のポジションで乗って初めて分かることも多いですね!

現行のフラッグシップモデル「DOGMA F10」はよりラグジュアリーな乗り味に仕上がっています。スパルタンな走りが好みな私は、「DOGMA F8」もかなり気に入りました!

ヒルクライムでも剛性を活かしてガンガン攻めて行けそうなので、これから乗り込むのが楽しみで仕方ありません!

店頭に展示しておくことも多いと思うので、スタッフ田中自慢の一台をぜひチェックしてくださいね~♪

LINEで送る
メールで送る