STRADABICYCLES -ストラーダバイシクルズ-

入荷

全店:S-WORKS TARMACのDNAを引き継いだハイコストパフォーマンスモデル、TARMAC COMP

2017年のニューモデルを発表する、新製品展示会もひと段落・・・
各社の2017年モデルの全容が見え始めた頃ですが、そんな数多くのバイクラインナップの中で、当店スタッフが最も驚いたバイクが「SPECIALIZED TARMAC COMP」だと言っても過言ではありません。

SPECIALIZED TARMAC COMP(¥324,000.-)t1

今をときめくペーターサガンのWC優勝カラーがまぶしい一台ですが、驚きなのはカラーリングだけではありません。
このバイクが何よりも凄いのは「トップモデルのS-WORKS TARMACと全く同じテクノロジーが踏襲されたフレーム」を採用しているという点。

ジロデイタリア、世界選手権等、多くのロードレースシーンで勝利を収めてきた「S-WORKS TARMAC」
「Rider-First Engineered」テクノロジーにより、全てのサイズにおいて適正な剛性比率を実現し、全てのライダーに走る悦びを与えてくれるバイク、それが「S-WORKS TARMAC」です。

今回、2017年モデルで登場した「TARMAC COMP」は、この「S-WORKS TARMAC」のテクノロジーを全て踏襲して生まれました。
「S-WORKS TARMAC」との相違点は使用するカーボン素材が異なる点、その一点のみ。

t3

非常に硬く、弾圧性に優れた最上級グレードの「FACT CARBON 11r」を使用するS-WORKSに対し、TARMAC COMPは10rを使用。
S-WORKSと比べると硬さは少し抑えられていますが、逆に言うとそれだけ「しなやかさ」が優先されているという事。
とは言いながらも、「10r」という素材自体はトップグレードと比較しても遜色の無いグレードですので、ヒルクライムやクリテリウム、ロングライドイベント等と言ったあらゆる用途に活用できるフレームとも言えます。

t5

しかもコンポーネントはシマノのULTEGRAをアッセンブル。
変速機廻りだけがULTEGRA・・・という例は多くありますが、TARMAC COMPはブレーキもクランクも全てULTEGRAでアッセンブル。全くスキの無いパーツ構成です。

最高峰S-WORKSと比較しても遜色の無いフレームにULTEGRAをアッセンブルし、税抜価格で30万円・・・
ブランドによってはシマノ105にセカンドグレードのカーボンフレームでもこのプライスは実現できないのでは無いでしょうか・・・
(実はほぼ同じスペックで2016年モデルの時は46万円・・・企業努力の結果ですが、オドロキですね・・・)

しかもカラーリングはペーターサガンのWC優勝カラーと、全体が黒色で統一されたマットブラックの2カラーをラインナップ。

t4

プレミアム感がありながらも、攻撃的なカラーリングはライダーを必ずハイにしてくれるでしょう!

流石に付属しているホイールまではハイエンドとは言えませんが、逆に言うと、ここまでフレームやパーツにこだわったバイクと言う事は、長い目で見ると成長させてゆく価値がある一台とも言えますね!

実は、余りの人気の為に販売開始から2週間で在庫が少なくなっている事実・・・そりゃそうですよね。
冷静に考えたらこのスペックでこのプライスなら時間の問題ですよね(笑)

t2

アルミバイクからカーボンへステップアップしたいとお考えの方、初めてのロードでも良いものを長く使いたい方。
そんな「良いモノを知る人」にお薦めしたい2017年モデルのイチオシバイクです。


ストラーダバイシクルズではSPECIALIZEDのニューモデルがオトクになる
「FAST&FIRST OFFER CAMPAIGN」を開催中!!

title

本記事のバイクも「台数限定」で、スペシャルオファーにてご提供致します!
詳しい内容につきましては、店頭にてご案内しております。
ご来店いただき、最寄りのスタッフまでお気軽にお尋ねください!!

LINEで送る
メールで送る