STRADABICYCLES -ストラーダバイシクルズ-

スタッフタイム

“旅”を感じさせる自転車たち[スタッフ松岡]

自転車周辺の記事を、と言いつつやはり自転車のことも。

大将軍の旧滋賀店時代に初めてのスポーツバイクであるTREKのシクロクロス車を購入、ロードの軽快さと、キャンプ場への山道へも気兼ねなく突入できるタフさを併せ持つお気に入りバイクでした(現在知人に貸し出し中)。

その後はファットバイクで近所の裏山トレイルや湖岸をズルズルゴリゴリと走る楽しみを覚え、ロングテールバイクでは荷物を自転車で運ぶことの利便性に目覚めました。ロングテールにいたっては趣味も実益(居酒屋/食堂の仕入れ)も兼ねて2台乗り継いでいます。どちらも現在は扱いのないブランドではありますがあまり実車を見ることもないカテゴリーなのでご興味のある方はぜひ。

現在のメインバイクはJAMISのレネゲードエキスパート。東レの高性能カーボンT700をフレームに使用したグラベルロードの先駆けとも言えるバイクです。ガッチリした前三角としなやかな後ろまわりでオンロードでの乗り心地は極上、結構なガレ場でもグイグイと走りきる力強さ。フレームに3ヶ所、フォーク左右にそれぞれダボ穴がありますので多様なボトルケージやキャリア類の装着も可能、フレームバッグやサドルバッグを装備すれば世界的に流行しているバイクパッキングに即対応。

学生の頃はテントや寝袋を積んだオートバイで日本中をツーリングしていましたが、それを自転車に置き換えて「ああ、こんなちっぽけな装備で人間なんて案外快適に過ごせるもんなんだなー」という気持ちを再度実感してみようと思います。

写真は11/20の御代参街道にて。街道旅のエッセンスの詰まった楽しい旅程でした。この道もいつか皆さんとご一緒できることを。

この記事を書いたスタッフ

HIROYUKI MATSUOKA
副店長 松岡 宏行
姉妹会社の株式会社ライダスでサイクリングガイドを担当。ストラーダバイシクルズでは草津・彦根両店でフロアに立つ。脱サラして飲食店を経営していたことがあり、ストアイベントではよく料理を振る舞ってくれる。和食系が得意。他にも世界各国をバックパッカーで旅した経験がある。約40カ国を2年で周遊。エピソードとしてはケニアからエチオピアを貨物トラックの荷台で4日間かけて陸路で移動したとか、エジプトではヒッチハイクしたのがロバ車だったとか、トルコでは腹痛に見舞われ、急遽運ばれた病院で盲腸のオペしたとか、数多くの逸話を持っている。
LINEで送る
メールで送る