STRADABICYCLES -ストラーダバイシクルズ-

ストア情報入荷

【スタッフ上野オススメ!】新たなライトのスタンダード!ハイバリューなCATEYE AMPPシリーズ登場!!

ここ最近は、秋が訪れ、朝晩はグッと冷えてくるようになりましたが、日中は最高のライドシーズンになりましたね。
ただ、早朝は真っ暗で、夕方も日が暮れるのが早くなり、より一層ライトの重要性が必要になってきます。

日中でも視認性を高める為にスタッフ上野は前後ともライトを点灯して走っています。
そこで自転車用ライトのリーディングカンパニーである「CATEYE」よりAMPPシリーズのライトが入荷しました!

このライトの特徴としては今までの定番ラインナップのVOLTとは違い、バッテリーとボディを一体型とするなど新設計を採用することで販売価格をグッと抑えたモデルになります。

AMPP1100(税抜価格:11,000円)、AMPP800(税抜価格:7,000円)、
AMPP500(税抜価格:5,000円)、AMPP300(税抜価格:3,500円)

そして、このAMPPシリーズは価格を抑えながらも明るさは全く妥協をしておらず、AMPP 500に続き、AMPP 1100、 800、 300とよりワイドなラインナップになった事も特徴でしょう。
選ぶ幅が広がった事により、使用用途によって明るさを選べるので、選択肢が増え、逆にユーザーを悩ませるのではないでしょうか(笑)

冗談はさておき、見た目的にはいうと、デザインは共通しており、角張ったボディにオプティキューブテクノロジーを使用したレンズや、すりガラスのような側方のクリア窓により、幅広い照射範囲があります。
上位モデルのVOLTに全く引けを取らない被視認性を得ており、AMPP1100のみ2灯式タイプになっています。

性能はというと、モードメモリー機能やボタンをダブルクリックすると最大光量の点灯モードへとジャンプする機能があります。自転車へのマウント方法はキャットアイが誇るフレックスタイトブラケットなので、複数台の自転車を持っている方は、別売りのフレックスタイトブラケットを購入すれば、一個のライトで複数台の使用が可能!

電池残量は容易に分かり、AMPP1100、800の上位2モデルのバッテリーインジケーターは電池残量に応じて青色→黄色→赤色に点灯する仕様となっております。通勤、通学途中でいきなりバッテリー残量が無くなる心配は無用。

スタンダードモデルのAMPP500、300に関しては電池残量が分かるバッテリーインジケータ搭載(残量が20%以下になると、赤色点灯)。

リアライトとのセットになったタイプも同時に登場しています!
とってもお得な値段設定になっており、このセットモデルは実店舗販売限定モデルになります。

全てのモデルに共通しているのは、USB充電方式という事。寝る前に充電しておけば、朝起きれば充電も満タンでしょう!

AMPPシリーズはスタッフ上野オススメ!
ライトでお悩みの方は、是非、店頭までお越し下さいね!!

LINEで送る
メールで送る