STRADABICYCLES -ストラーダバイシクルズ-

ストア情報

Cannondaleらしさが詰まった「E-ROAD BIKE」- SYNAPSE NEO –

世界中のスポーツバイクシーンにおいて、中心的存在になりつつある「E-ROAD BIKE」
群雄割拠とも言える「E-ROAD BIKE」の分野において、ついにキャノンデールがホンキを出して投入するモデル、それが「SYNAPSE NEO」です。

CANNONDALE SYNAPSE NEO(税別価格:390,000円)

 

キャノンデールの「エンデュランスロード」カテゴリを担うモデル、SYNAPSEの冠を付けたその名の通り、”一日中走り続ける事ができる”能力を秘めたE-ROAD BIKEのニューモデル、それがSYNAPSE NEO。

キャノンデールらしい鋭いハンドリングと安定したライディングを約束する「OutFrontジオメトリ」を採用。
バイク重量がかさんでしまうE-BIKEのネガティブな面であるハンドリング面で”キャノンデールらしさ”を感じさせる出来栄え。

特筆すべきは、キャノンデールのアイデンティティーともいえる「Aiオフセット」により、リア廻りを適正化。それによってフロント変速のダブル化を実現している事は、明らかに他のバイクと異なるところです。
重たいバッテリーを積載する関係上、どうしてもドライブトレインをシングル化しなければいけない他メーカーのモデルと異なり、ダブル化する事でより走りのフィールドが広がりました。これは大きな違いです!

ダウンチューブに一体化されたBosch Active Line Plus+パワーチューブ500のバッテリーシステムにより、最長166kmものロングランが可能に。”エンデュランス”の文字通り、一日中走り回っても安心のクオリティを実現。

”アルミのキャノンデール”を具現化したSmartForm C1 Alloyフレームは、今まで培ったSAVEマイクロサスペンションテクノロジーなどを全て投入し、カーボンと比べても遜色のない振動吸収性を確保。カーボンキラーの名を欲しいままにしたCAADシリーズのテクノロジーを踏襲しつつ、390,000円(税別)という、他のE-ROAD BIKEがかすんでしまうほどの優れたコストパフォーマンスを実現しました。


このように、現時点でのE-ROAD BIKEの最先端を突き進むテクノロジーを搭載しながらも、優れたコストパフォーマンスを実現した、「キャノンデールらしさ」が詰まったE-ROAD BIKE、「NEW SYNAPSE NEO」

ストラーダバイシクルズでは初回ロットが「2020年8月」に入荷予定!また、現在、予約注文を受付中です!
入荷数も非常に少なく、サイズによってはすぐに入手困難となる恐れがあります。ご興味のある方は是非、お早目にご確認をお願い致します!

LINEで送る
メールで送る