STRADABICYCLES -ストラーダバイシクルズ-

インドアジムレポート

スマートコーチング、コーチ始動しました![スタッフ山本]

以前に当店ホームページでも記載しましたが、スタッフ山本、スマートコーチングのコーチとして本格始動いたしました!

私個人の「やりたい事」の一つ。これから先の半生を掛けて取り組みたいのが、自分自身の経験した事を色んな方にお伝えする事。
私のようなプロレーサーでもなかった人間が、趣味として、でも本気で自転車というものに向き合った”証拠”を一人でも多くのサイクリストの方に還元できれば・・・そんな想いで取り組んでいるのがコーチングだったりします。

今までは自転車というモノをご提供する事が中心でしたが、身体を使ったコトに関するサービスをご提供するという事で、今はひたすら修行の身。スマートコーチングの神髄を得る為にまずは自らが実践する日々を繰り返しています。

あまりの集中で追い込みすぎるの図(一部脚色アリ)

もちろん自分自身で体験する事も重要ですが、やはり誰かを指標として”指導する”という事も重要。
と、いう事でターゲットになるのはやはり当店スタッフ。。。最近、ロードバイクに乗り始めたスタッフ植出君にビシバシレクチャーです(笑)

マウンテンバイカーの彼曰く、「マウンテンバイクだと普段当たり前に使っている箇所がイメージしやすいですよね」
そう!そこ!そこ!それがスマートコーチングのポイントだと思うんです。

腐っても一応、全日本まで行った私です。マウンテンバイクでの上半身の使い方は一応、良く分かっているつもりですが、それを具現化したのがスマートコーチングの各メニューなんですよね。
ロードバイクに「何も考えず」乗っているだけでは気付かない重心位置であったり、体幹の使い方であったり・・・そういった、経験してきた事を形にできる喜び、そしてその凄さをスマートコーチングのコーチをやってみて、改めて感じている昨今です。

そうなってくると興味が出てくるのが運動生理学など、身体の中身の事。
事これに関しては、整体師の資格を持つスタッフ厚海がエキスパートなので、教えを請いながらさらに深化させていきたいと思います。うーん、やりたい事が目白押しでシアワセです!

この前のコーチングの時、「山本さんになって、ピンポイントで指摘されるのでキツくなった」という絶賛(?)のお褒めのお言葉(??)をいただきました。もう、めちゃくちゃうれしいですね!!

これから冬にかけて、さらにグレードアップをしたい方に、もっとスマートにスムーズにご提供できるよう、受講制度も含めて色々グレードアップしていきます。

こんな風にオンラインでも受講できるスマートコーチング。もっともっと多くのサイクリストにご提供できるよう、コーチ一同、精進いたします!!!

この冬、スマートコーチングに是非、ご期待ください!!

LINEで送る
メールで送る
スタッフタイム

今週末(11/21)は ZWIFT STRADA RIDERS MEETUP(EPIC KOM アタック!)[スタッフ上野]

早くも11月はあと10日ほど。、12月になるとクリスマスや年越し等で慌ただしくなりますね。今年も残り1ヶ月半程ですが、楽しんでいきたいと思います!

最近は気温が高く、昨日なんか、車中では冷房を付けていましたから!
さて、これからどんどん寒い季節に入るので、活躍するのが室内トレーニング!スタッフ上野もこれからは室内でのローラートレーニングがメインになってくると思います。

その為にも暖かい現在は外で乗るようにしています(笑)

10月に開催したはフランスの「モン・ヴァントゥ」でしたが、これがキツかった!!
登り区間は19km/1480mUP/8%になります。数値からみても、中々のキツさが感じ取れます。
その時のイベントレポートは下記からご覧ください。
ZWIFT STRADA RIDERS MEETUP(魔の山モン・ヴァントゥチャレンジ)[スタッフ上野レポート]

11/21に開催するのは、仮想空間WATOPIAの最高標高地点である、EPIC KOMとラジオタワーに挑戦します。
今回の強度は3.5倍付近を想定していますが、まとめる機能がありますので、お気軽にご参加くださいね。

現在、全世界的に有名なのが、「ZWIFT」一度はお聞きになった事はあるんじゃないでしょうか。
スタッフ上野もどっぷりとハマっている「ZWIFT」ですが、毎月の走行距離は1000kmを超えています。ここまでハマるとは自分でも驚いていますが、続けられる秘訣はやはり楽しいからでしょうね。

週ごとに走れる世界がNEWコースが現れたり、他にも様々なコースがあるので、バーチャル上で自分と同じぐらいの力の方と走る事により、一人で走るよりも遥かに強度が上がり、かなり良いトレーニングになります!
「バーチャルトレーニングって実は最高の機材!?」←をクリックして、是非ご覧下さい。

ZWIFTでのグループライド、MEET UPを11/21(土)の9:00から開催予定です。
ご参加予定の方でスタッフ上野をフォローしていない方は必ずフォローをお願いします。
ZWIFT上のハンドルネームは、T.Ueno(STRADA)になります。ご参加にあたり、不明点がある方はお気軽に聞いてくださいね。

今回のイベント内容はこちらです→[ウエノ式 本気(MA-Zi)練習会]ZWIFT STRADA RIDERS MEETUP

今回もみんなで切磋琢磨してレベルアップしましょう!
さぁ、みんなでLet’s ZWIFT!!

LINEで送る
メールで送る
スタッフタイムレポート

ZWIFT STRADA RIDERS MEETUP(Alpe du Zwift アタック!)にチャレンジ!?[スタッフ上野]

早くも10月が終わり、11月になりますね。今年も残り2ヶ月ちょいと考えると1年って早いなと思います。
スタッフ上野個人的には朝晩と日中の気温の違いが大きく、着用する服装に悩みます。
寒がりなので、厚着になりがちですが、汗冷えするので、外に出た時はちょっと寒いなと思うぐらいの格好にしています。

さて、これからどんどん寒い季節に入るので、活躍するのが室内トレーニング!スタッフ上野もこれからは室内でのローラートレーニングがメインになってくると思います。

ZWIFTイベントは10月は2回、開催になり、1回目はフランスの「モン・ヴァントゥ」にチャレンジしましたが、これがキツかった!!
登り区間は19km/1480mUP/8%になります。数値からみても、中々のキツさが感じ取れます。
その時のイベントレポートは下記からご覧ください。
ZWIFT STRADA RIDERS MEETUP(魔の山モン・ヴァントゥチャレンジ)[スタッフ上野レポート]

もう1回の開催は今週末(10/31)に開催予定になり、ルートはAlpe du Zwift(アルプ・ド・ズイフト)になります。
距離12.2km、獲得標高1,042m、平均勾配8.5%ですが、モン・ヴァントゥに比べると、難易度が低く感じますね。

ZWIFTについて、知らない方もおられると思いますが、バーチャルトレーニングのパイオニア的な存在なのが、「ZWIFT」、一度はお聞きになった事はあるんじゃないでしょうか。
スタッフ上野もどっぷりとハマっている「ZWIFT」ですが、毎月の走行距離は1000kmを超えています。ここまでハマるとは自分でも驚いていますが、続けられる秘訣はやはり楽しいからでしょうね。

週ごとに走れる世界がNEWコースが現れたり、他にも様々なコースがあるので、バーチャル上で自分と同じぐらいの力の方と走る事により、一人で走るよりも遥かに強度が上がり、かなり良いトレーニングになります!
「バーチャルトレーニングって実は最高の機材!?」←をクリックして、是非ご覧下さい。

ZWIFTでのグループライド、MEET UPを10/31(土)の9:00から開催予定です。
ご参加予定の方でスタッフ上野をフォローしていない方は必ずフォローをお願いします。
ZWIFT上のハンドルネームは、T.Ueno(STRADA)になります。ご参加にあたり、不明点がある方はお気軽に聞いてくださいね。

今回のイベント内容はこちらです→ZWIFT STRADA RIDERS MEETUPAlpe du Zwift アタック!)

今回のMEET UPはフランスルートの中から、「Alpe du Zwift」をチョイス!
さぁ、みんなでLet’sヒルクライム!!

LINEで送る
メールで送る
レポート

ZWIFT STRADA RIDERS MEETUP 魔の山にチャレンジしませんか!?[スタッフ上野]

10月に入り、過ごしやすい季節になりましたが、少しずつ冬に向かっているなぁと感じるのは、朝晩の冷え込みが厳しくなった事。
日中のライドは快適そのものですが、朝晩はグッと冷えるので、冬を感じますね。

特に台風が多くなり、週末に雨で外で乗れないなんて事もしばしばあり、テンションが下がる思いですよね。
そんな時こそ、ローラートレーニングを活用しませんか!?
一人でするローラーは退屈で苦痛と感じる方も多いかと思いますが、バーチャルトレーニングだとそんな退屈な気分から一気に解放されます。

現在、全世界的に有名なのが、「ZWIFT」一度はお聞きになった事はあるんじゃないでしょうか。
スタッフ上野もどっぷりとハマっている「ZWIFT」ですが、毎月の走行距離は1000kmを超えています。ここまでハマるとは自分でも驚いていますが、続けられる秘訣はやはり楽しいからでしょうね。

週ごとに走れる世界がNEWコースが現れたり、他にも様々なコースがあるので、バーチャル上で自分と同じぐらいの力の方と走る事により、一人で走るよりも遥かに強度が上がり、かなり良いトレーニングになります!

「バーチャルトレーニングって実は最高の機材!?」←をクリックして、是非ご覧下さい。

ZWIFTでのグループライド、MEET UPを10/10(土)の9:00から開催予定です。ご参加予定の方でスタッフ上野をフォローしていない方は必ずフォローをお願いします。
ZWIFT上のハンドルネームは、T.Ueno(STRADA)になります。ご参加にあたり、不明点がある方はお気軽に聞いてくださいね。

前回のMEET UPの模様はこちらからどうぞ→ZWIFT STRADA RIDERS MEETUP(Alpe du Zwift アタック!←をクリックしてくださいね。

今回のイベント内容はこちらです→ZWIFT STRADA RIDERS MEETUP(魔の山 “モン・ヴァントゥ” チャレンジ

今回のMEET UPはフランスルートの中から、「モン・ヴァントゥ」をチョイス!
Let’sヒルクライム!!

LINEで送る
メールで送る
スタッフタイム

ZWIFTでエベレスティング予定!本当にできるのか!?[スタッフ上野]

6/13からZWIFTを始め、ドップリとハマり中のスタッフ上野ですが、気付けばこんなにも走っていました!
9/19現在で、 走行距離は2820km、獲得標高は35141mに達しましたが、まだまだ飽きる気配はありません。

「バーチャルトレーニングって実は最高の機材!?」←をクリックして、是非ご覧下さい。

燃焼したピザの枚数が出る辺りが面白いですよね!でも201枚って少ないのか多いのか良く分かりませんが(笑)

ただ、単に走っていてもネタにならないので、面白い事を考えました!それはZWIFT上でエベレスティングにチャレンジ!!

エベレスティングとは実際にあるエベレストの標高分を登るという事です。
エベレストは世界最高峰の山になり、標高が8848mあります。要は8848m分を登るという単純なチャレンジになります。

上記の画像は前回の走行シーンですが、ZWIFTでは仮想空間のWatopiaがあり「Alpe de zwift」というセグメントがあります。
Alpe du Zwiftは距離12.2km、獲得標高1,042m、平均勾配8.5%という、ホンモノのラルプデュエズに匹敵するほどの超級山岳になります!
22個のカーブがあり、それぞれの区間計測もあるので、目標タイムの設定がしやすいです。

上記の画像は前回の走行シーンですが、途中から雪景色になっていきます。標高が上がるにつれて、こういう所の作り込みがリアルに近い感じがして、登っているんだなと実感ができます。

前回のイベントで走りましたので、もし良ければレポートをご覧ください。
ZWIFT STRADA RIDERS MEETUP(Alpe du Zwift アタック!)←をクリックして、イベント内容を確認ください。

単純計算でここを9回登れば達成になります。走行距離はおおよそ210kmほどになりますが、全く不可能ではないかと思います。
もう達成した方もいるかもしれませんが、登るに辺り、何か気を付ける事やアドバイスがあればいただけると幸いです。

近々にチャレンジ予定!乞うご期待を!!

LINEで送る
メールで送る
スタッフタイム

まだまだ「ZWIFT」にどっぷりとハマり中!今月もMEET UPで切磋琢磨!![スタッフ上野]

スタッフ上野がどっぷりとハマっている「ZWIFT」ですが、7〜8月の2ヶ月間で、走行距離が2000km以上になりました。
ここまでハマるとは自分でも驚いていますが、続けられる秘訣はやはり楽しいからでしょうね。

週ごとに走れる世界がNEWコースが現れたり、他にも様々なコースがあるので、バーチャル上で自分と同じぐらいの力の方と走る事により、一人で走るよりも遥かに強度が上がり、かなり良いトレーニングになります!

他にも天候に左右されませんし、好きな時間で走れ、隙間の時間にちょっとだけでも走れます。
「バーチャルトレーニングって実は最高の機材!?」←をクリックして、是非ご覧下さい。

先月は初めてとなるイベントを開催しましたが、5名の方にご参加いただき、楽し苦しく走れました。
「ZWIFT STRADA RIDERS MEET UP[スタッフ上野レポート]」←をクリックして、是非ご覧下さい。

今月もZWIFT MEET UPを開催します。今回のコースはAlpe du Zwiftになり、ZWIFT上の仮想空間「WATOPIA」での最長クライムになる、Alpe du Zwiftをアタックします!
Alpe du Zwiftは距離12.2km、獲得標高1,042m、平均勾配8.5%という、ホンモノのラルプデュエズに匹敵するほどの超級山岳!

ZWIFT STRADA RIDERS MEETUP(Alpe du Zwift アタック!)←をクリックして、イベント内容を確認ください。
9/5(土)の9:00から開催予定です。ご参加予定の方でスタッフ上野をフォローしていない方は必ずフォローをお願いします。
ZWIFT上のハンドルネームは、T.Ueno(STRADA)になります。ご参加にあたり、不明点がある方はお気軽に聞いてくださいね。

スタッフ上野は先日に初めてAlpe du Zwiftを走りましたが、ペース配分が分からず、タイムは55分半ほどでした。
早いのか遅いのかは分かりませんが、パワーウェイトレシオは3.5倍ほどになり平均ワットは約240でした。
パワーウェイトレシオとは体重1kgあたりどれくらいのワット数を出せるかを表した割合になります。表示形式は「○○w/kg」となり、出力したパワーを体重で割れば導き出せる数値になります。

今回は開催中のツールドフランスをイメージし、「Alpe du Zwift」をみんなでヒルクライム!
月末はフランスルートの中から、「モンバントゥ」をチョイス!Let’sヒルクライム!!

LINEで送る
メールで送る
スタッフタイム

我々のコロナ対策が新聞に掲載されました。[スタッフ山本]

巷で「何だか大変そうなウイルスが出てきたらしい」という噂が出始めた頃から、我々、ストラーダバイシクルズは「このウイルスによって、色々と影響が出るかも・・・」とスタッフ全員で話し合いを始めていたのが、2月のはじめ頃。

まず最初に懸念されたのが、生産体制の崩壊によるサービス停止の可能性でした。「コロナウイルスの影響による、今後の商品入荷につきまして」というタイトルで記事を作成し、店頭にて告知をしたのが2月23日。まだコロナウイルスによる社会生活の影響が見えにくかった頃ですが、お客様にご迷惑を掛けない事を考えて行動に移したのを覚えています。

そして、その後、事態は急速に展開し、営業時間の短縮であったりイベントの自粛であったりと、様々な対策を講じたのが2月27日の記事「コロナウイルスの店内対策に、ご協力をお願いいたします。」でした。

その後、月日は流れさらに事態は悪化し、我々お店の事だけでなく、すべてのサイクリストの方にも影響が及ぼされ、それらの方へお伝えしたい事を発信しつつけた「ストラーダバイシクルズ コロナウイルス対策について」など・・・

我々ストラーダバイシクルズは自転車屋さんという役割以上に、自転車という社会インフラの一端を担う存在として、スタッフ全員でお客様の安全と「楽しさ」を考えて行動に移してきました。

株式会社ストラーダの社是でもある「スポーツバイクの価値・効用を用い、社会貢献を行う」という、ともすれば大袈裟な言動と受け止められかねませんが、地道に真剣に考え、行動してきたことが京都新聞に取り上げられました。

老若男女問わず多くの方に情報を発信できる新聞というメディアを通じ、我々のようなスポーツバイクの愛好者だけでなく、「スポーツバイクって何?」という方にも、スポーツバイクの楽しさ、つまり価値と効用をお伝えできれば、これ以上のうれしさはありませんね。

まだまだ予断を許さず、これからも距離感を保ちながら共存していかなければいけないコロナ禍ではありますが、今まで以上に我々ストラーダバイシクルズが、スポーツバイクを通じて健康やリフレッシュ、そして「楽しさ」をお伝えできればと、改めて襟を正す良い機会となりました。掲載された記事は草津本店と彦根店でも掲示してあります。是非、ご一読くださいね!

LINEで送る
メールで送る
レポート

コロナウイルス感染拡大に伴い、イベント延期になって思う事[スタッフ上野]

当初は、7/26(日)に[超(スーパー)イベントデー]GOTO-日本海 RIDE!を開催予定でしたが、昨今のコロナウイルスの感染者増加に伴ない、延期をせざるしかない状況になりました。

滋賀県でも22日に緊急事態宣言解除後としては最多の11人の感染者が出ており、緊迫した状況が続いております。

イベントは来月に延期になりましたが、来月のコロナウイルスの状況次第では、更なる延期になる可能性もあります。

ただ、当店としても、スタッフ上野個人的にもお客様と一緒に走り、思い出を共有したい気持ちでいっぱいです。

今回の延期は苦渋の決断になり、イベント再開とした時は多くの方から「待っていました!」「楽しみにしています!」など、非常に有難いお言葉をいただき、感銘しておりました。

来月に[超(スーパー)イベントデー]GOTO-日本海 RIDE!が開催できるように、これ以上の感染拡大にならないように一人一人の行動が重要になってくると思います。
まずは自身がが感染しないように、気をつけていきましょう。

この日本海ライドは2017年の夏に開催しておりました。
やはり、自分の足で日本海まで行くのは、冒険であり、達成感もあり、総勢30名の方が集まりました。

日本海といえば海鮮という事で、昼食はもちろん海鮮丼でしょう!!
前回のイベントレポートは下記のリンクから、是非見てください!!

ENJOY STRADA CYCLING-日本海!小浜までロングライド

来月の開催に向けて、熱中症対策も必要になってくると思います。
今から暑さに慣れるようにしないといけませんね。

8/30(日)に開催できるように、みなさんと一緒に走れるのを楽しみにしております。
それまで感染をしない、させないようにしましょう!

LINEで送る
メールで送る
スタッフタイム

バーチャルトレーニングって実は最高の機材!?[スタッフ上野]

今さらながら、バーチャルトレーニングにハマっているスタッフ上野です。
今年はコロナウイルスの影響で特にバーチャルトレーニングをする方が増えていて、スタッフ上野もその一人です。

今の時期は梅雨になるので、最近は特にハマっていて、今までは天気予報をしきりに気にしていましたが、今は気にしなくなりました。
ただ、悩みもあり、今までは、晴れていたら外で乗り、雨の日は休むというスタンスでしたが、今は、雨の日でもバーチャルトレーニングができるので、休む日が無くなり、疲労感がヤバいという事です(笑)

上記の画像ですが、Epic Komという9.3kmのヒルクライムをしており、標高が高くなるにつれて、景色が雪化粧になっていきます。
今まではローラーで2時間、50km以上を走るのは正直、しんどかったですが、バーチャルトレーニングだと、それ程苦にならず、達成できます。

では、スタッフ上野がバーチャルトレーニングにいかにしてハマったかというと、バーチャルな世界ですが、誰かと一緒に走っているという連帯感と実際に外で乗っているのと同じ負荷がかかること。

具体的には、バーチャル上の勾配が変化したら、スマートトレーナーの負荷が変わります。
これはスマートトレーナーのグレードにもよりますが、スタッフ上野が使用しているスマートトレーナーは最大可変斜度:14%まで再現されます。
グレードが上がると再現斜度が20%までの商品もありますが、14%でも充分にトレーニングできるレベルです。14%になると、ギアを最大限に軽くしないときつくて、実走と同じ感覚が味わえます。

コースが多彩である事。スタッフ上野はZwiftというアプリを使用していますが、トレーニングコースが多彩です。
正解選手権の実際にあるコースを走ったり、Watopiaという仮想空間のコースを走る事もできます。
レースもあり、バーチャル上ではありますが、緊張感あるレースができます。

レベルが上がると、出てくるコースがあり、自分自身のアバターもバイクや、ウェア等を変える事もでき、ゲームのロールプレイング的な要素が入っているので、ハマっていくのではないでしょうか。

今回はバーチャルトレーニングの初歩的なところを説明しましたが、次はもうちょっと深い話をしたいと思います。
zwift意外にもRouvyや、他にも様々なバーチャルトレーニングのアプリがあるので、色々と調べてみてください。

どのアプリがいいか、ローラー台は何がいいか、始めるには何が必要かなど、興味があるけど、不明点が多い方もおられると思います。
そんな時は是非、お気軽に聞いてください!!色々とお答えできると思います。

もちろん外で乗るのも楽しいですが、バーチャルの世界で、走るのも楽しいです、
バーチャルワールドを一緒にハマりましょう!!

LINEで送る
メールで送る
スタッフタイム

これからはじめる方に、お伝えしたいこと[スタッフ厚海]

新型コロナウイルスによる影響のせいか、通勤手段や健康維持の手段としてスポーツバイクをはじめられる方が増えています。

当店でもそういった「これからはじめる方」が多くご来店いただいていますが、今一度、我々スポーツバイク専門店のスタッフが「はじめての方に知っていただきたい”自転車の魅力”」をお伝えしてみようと思います。

我々ストラーダバイシクルズのスタッフは”ただ単に商品としてバイクを販売する”のではなく、スポーツバイクが持つ価値や効用をご提供しているという”信念”があります。その想いが少しでも、これからスポーツバイクをはじめられる方にお伝えできればと思います。


スタッフ厚海が語る自転車の魅力とは・・・

 

私は心も体も健康になれるアイテムだと思います。

そしてまた違ったコミュニティーに属して楽しむ!

という2点です。

 

後者に書いたいつもとは違ったコミュニティーの属して楽しむ!

は書いたまんまですが、会社の人、友人とまた違った趣味の世界でつながった方とのコミュニティーを楽しむことができます。またそれはそれですごく楽しいですよね

 

 

前者に書いた心も体も健康になれる!を解説します☆

そう、サイクリング、ロードバイクでトレーニング、ポタリング・・・

などなどした後ってすごく「気持ちよかった〜」ってなりませんか?

乗り始めるまでは「めんどくさいかも〜(笑)」なんて思っててもいざ乗ってみると、「いや〜楽しいわ!」テンションが少しずつあがりませんか?

 

すごくモヤモヤしてた気持ちが乗り終わったあと、すごくスッキリ☆って感じになります。

そう、スポーツバイクは最強のストレス発散マシンとも言えます。

 

そして、自転車って体重がハンドル、サドル、ペダルに分散されるから、膝腰にすごく優しい運動なんですね(もちろん疾患があったり、ハードトレーニングは除く)

 

だから強度がそんな高くなければ毎日でも乗れちゃうアイテムなんです。

 

しかも1時間と言わず、何時間でも乗れちゃうという「超有酸素運動マシン」だと思っています。

体重や、身長、筋肉量、運動強度・・・で違いは出てきますが、スタッフ厚海でも1時間近場をふらっと乗るだけで300kcalも消費します!トレーニングとしてじゃないですよ!フラッとサイクリングですよ!

2時間で600kcal・・・

ビール何杯飲める?(笑)

カップラーメン1つはクリア?

ショートケーキ1つくらいはOKでしょ?

 

そう!「最強のダイエットマシン」でもあります!

3ヶ月続けてみてください!人間の体の細胞は3ヶ月すると変わります。

ダイエットも3ヶ月!続けられるペースで!

消費したカロリーを意識すると、摂取するカロリーにも意識するはず!

 

まとめると、スポーツバイクは

「最強のストレス発散マシン」

「最強のダイエットマシン」

私はそう思っています。ということを今回お伝えしたいなぁと思いました♡

LINEで送る
メールで送る
スタッフタイム

これからはじめる方に、お伝えしたいこと[スタッフ山本]

新型コロナウイルスによる影響のせいか、通勤手段や健康維持の手段としてスポーツバイクをはじめられる方が増えています。

当店でもそういった「これからはじめる方」が多くご来店いただいていますが、今一度、我々スポーツバイク専門店のスタッフが「はじめての方に知っていただきたい”自転車の魅力”」をお伝えしてみようと思います。

我々ストラーダバイシクルズのスタッフは”ただ単に商品としてバイクを販売する”のではなく、スポーツバイクが持つ価値や効用をご提供しているという”信念”があります。その想いが少しでも、これからスポーツバイクをはじめられる方にお伝えできればと思います。


さて、「これからスポーツバイクをはじめる方に、自転車の魅力をお伝えする」というテーマですが、スタッフ山本の場合は、今まで経験してきた「仲間の大切さ」ではないかと思うのです。

「仲間」というとなんだか少年誌のマンガのテーマのようですが(笑)、やはり「自転車を通じた仲間が増える」というのは、本当に一番の魅力だと思うのです。

私の場合はマウンテンバイクのレース活動でそれが顕著だったのですが、みんなでお揃いのチームウェアを着て、日々のトレーニングで切磋琢磨し、一つの目標に向かって突き進む。
レースという視点で見ると、その中には「ライバル」と言える存在もあり、それはさながら高校生時代の部活動を思い起こさせるようなものでした。

私の場合は「レース」というある種、特異な状況の事象ではあるのですが、もちろん私もスポーツバイクをはじめる時には「レースなんて絶対しない」と思っていたものです(笑)

ですが、ストラーダでテンチョー井上にバイクを薦められ、お店のライドイベントに参加し、その中で競争みたいなものをして、勝ち負けに一喜一憂し、みんなとレースイベントに参加して、その中でもそこそこ走れちゃって、気が付けばアレヨアレヨと言う間にどっぷりその魅力に浸っていたわけです。

この一連の流れの中で今振り返ると、やっぱり「仲間」の存在と言うのは非常に大きかったんですね。絶対に一人ではここまでこの世界に埋もれてはいなかった事でしょう。

だから、この「スポーツバイクをお薦めする」というお仕事に就いてからも、一番にお伝えしたい事は「仲間が増えて、人生が変わるよ」という事。極論、バイクなんて何でも良いんです。お客様の世界が広がるならば。そのお手伝いをしている事が自分のシアワセにつながるのです。


けれど、なかなか「自転車屋さんのライドイベント」への参加って敷居が高いですよね?
「ピタピタのウェアでバシッとキメた人でないとダメ」だったり「遅い人や初心者はついていけないから楽しくない」という現実。
そんな現実を解決したい想いで企画したのが、「30分だけのグループライド=サンサンライド」だったりするんですね。

30分という短い時間ならレベルの差を”ごまかせる”。けど、途中でちょっとした競争を入れる事でいろんなレベルの人が”仲良くなれる”
そんな想いで企画し、色んな方にお楽しみいただけていると自負している当店自慢のイベントだったりします(自画自賛・・・笑)

今は新型コロナウイルスによる影響で開催が中断しているライドイベントなんですが・・・一日も早く再開でき、また、これからはじめられる方とベテランライダーの方が一緒に楽しんでいただけるように・・・

もっともっと多くの「自転車仲間」が増えるように。今はスタッフ全員で考えて、考えて、考えて・・・今まで以上にパワーアップしていきたいと思います。ぜひ、ご期待ください。

そして、これからスポーツバイクをはじめようという方。ぜひ、この「自転車仲間の輪」にあなたも加わって欲しいのです。そして、僕のようにかけがえのない仲間を増やして欲しいのです。

さぁ、新しい世界が待っていますよ。

LINEで送る
メールで送る
スタッフタイム

短縮営業で、何をどうするか?[スタッフ田中]

コロナウイルスによる影響により、あらゆる面において今までとは異なる生活パターンが強いられる昨今、スポーツバイクを取り扱う”自転車屋さん”である我々が「いま、できること」って何か?を考えるスタッフブログ。

先日のストア情報でご案内した通り、緊急事態宣言の発令に伴い、当店でも営業時間を短縮する事となりました。
スタッフならびにお客様の安全を配慮しつつ、お持ちのスポーツバイクで日々をリフレッシュしていただけるよう、「今、できること」を考えた上での営業時間短縮ではありますが、「その時間を使って、何をするべきか?」をスタッフなりに考えて、綴ってみようと思います。

自粛が求められる昨今ではありますが、スポーツバイクを通じて、日々に潤いと癒しを少しでもご提供できるよう・・・我々スポーツバイクスタッフができる事や感じた事をお話ししてみようと思います。


突然ですが・・・私スタッフ田中は、意外と自転車以外にも趣味があります(笑)

その一つが、料理(特にお菓子作り)なんですが、せっかく出来た時間、仕事に活かすという建前で・・・

久しぶりにお菓子作りや料理に取り組むようになりました!

新型コロナウイルスでこうなる以前は料理の時間を確保することが面倒で外食ばかりでしたが、飲食店の自粛要請で行けるところも限られたため、料理に目覚めました!

たまに失敗もしますが、次に作る時はもっと上手に作ります!

で、それの何が仕事に活きるか? ストラーダ恒例の、夜会で皆さんに食べてもらうことが出来るじゃないですか!(笑)

だいぶ趣味寄りですが、楽しみつつ充実した時間の使い方だと自負しています!新型コロナウイルスが落ち着きましたら夜会に持ってきますので、ぜひご賞味あれ~!

 

そして、空いた時間に行っていることがもう一つ。

「自転車の勉強」です!でもぶっちゃけ半分趣味です。

短縮営業になってから、SNSやWEBサイト、カタログを眺める時間が自然と増えました。

ニュースサイトの新商品情報やレース事情、マニアックな代理店のネットサーフィン。ボーっとしながらパソコンをいじってても自然と指がそういうサイトをクリックしてしまいます。職業病というか、本当にただのクセ、習慣。

写真は先日のルート探索ソロライドです。入社から7年以上経った今も、私は自転車が本当に大好きみたいです。最近乗る方はぼちぼちですけどね(笑)

販売店のスタッフとしては、”プロ”である自覚を持ってお店に立っているつもりです。

“知識は礼儀”

真にお客様のニーズに応えられる商品知識と提案力をこの機に磨いています。まだまだ未熟ですが、お役に立てるよう勉強は欠かせません!

・・・まあ、何度も言うように半分趣味ですけどね!(笑)でも、ただのマニアじゃありません!!


自分の時間で自分の趣味を楽しみつつ、さらにお客様にも楽しんで頂くためにその趣味を活用出来るなら最高だと思っています。

時間にゆとりが出来たことで、公私ともに充実し出したような気もしますね。

暗いニュースが多い今だからこそ、お店ではこれまで以上にお客様に笑顔を届けられるよう、頑張りますよ~!!

LINEで送る
メールで送る