STRADABICYCLES -ストラーダバイシクルズ-

Break the Sound Barrier ! トレック〜MADONE Race Shop Limited〜

BY TSUYOSHI UENO

トレックのエアロロードモデル、MADONE。

「MADONE」と言えばその昔はオールラウンドモデルとして多くのレースで勝利を飾った、歴史あるモデルの名称ですが、現在のMADONEは究極の空力性能を実現したエアロロードモデルとしてラインナップに名を連ねています。

ndf_4903

縦方向に潰したダウンチューブはいかにも「エアロロード然」としており、「速い!」と一目見るだけで感じさせてくれるオーラがあります。ひと言で言うとシンプルに「カッコイイ!!」って事ですが・・・(笑)

「軽さ」のEMONDA、「振動吸収性」のDOMANE、そして「エアロ」のMADONE。

そんな3種類のカテゴリで分けられたトレックのロードバイクラインナップですが、トレックが面白いのは一つの性能に「特化し過ぎない」事で、3つのバイクの性能をバランス良く配分している所です。

d3s_1600

エアロバイク然とした形状でありながら、スプリント、登坂、そしてロングライドにまで使用可能な究極のオールラウンダーである事。つまり、それがMADONEなのです。

ndf_4876

ステム&ハンドル一体型の専用設計のハンドル周り、ブレーキアーチも専用品で風洞実験施設で解析され、設計されたビルトイン型。世界トップクラスの開発力を誇るトレックならではのスペックですね。

エアロを追求し過ぎた場合、どうしてもフィッティング面で妥協しなければいけないケースもあるのですが、MADONEの場合、ハンドルは専用のシムを使用することで高さ調整を柔軟に行える事が可能です。サドル高も調整幅に余裕があり、ISPのようにシートポスト部をカットする必要もありませんので、ある程度はフィットに余裕があるのも特徴です。
但し、ステムとハンドルが一体型の為、ステム長については最適なサイズを見つける為にも、事前のサイズフィッティングが必須かもしれませんね。

ndf_4878

「ロングライド」に適した性能の秘密はDOMANEシリーズで実績を積んできたISOSPEEDテクノロジー。
エアロバイク形状のMADONEに搭載する事で「エアロバイクなのに、乗り心地が良い」という二律背反を乗り越える事を可能にしました。

この白い三角形のパーツの下にはベアリングが入っており、シートチューブとトップチューブを接続。乗車時にシートチューブにしなりを与えることで快適性を生み出します。

「硬い、疲れる」といったエアロバイクのイメージを根底から覆す、バランスのとれた乗り心地はMADONEだけの専売特許。
「エアロバイクは見た目が良いけど、乗り心地が悪いから、ちょっと・・・」
そんな方でも選択肢に入れていただき、安心してお乗りいただける一台では無いでしょうか。

ndf_4882

ビルトインの理念はこんなところにも。シマノ電動コンポーネントの充電ポートをダウンチューブの中にビルトイン。微調整も出来るようにポートにはホールが空いているうえに、ワンタッチで取り出す事ができるので利便性もバッチリ!

メーカーによってはビスを外したり、コードを引っ張り出したり大変なものも多いですが、この辺りが考えられているのもさすがはトレック。

p1madone

最上級モデル、MADONEを「持つ悦び」をさらに満たしてくれるのがオーダーメイドシステムの「PROJECT ONE」です。

無限とも言える程の数多くのカラーパターンの中から自分だけの一台を作り上げる事で、「乗る悦び」だけでなく「持つ悦び」も最大級に満たしてくれます。

ndf_4888

誇らしげな「PROJECT ONE」の証は、同時に最上級の証。このバイクのオーナーである誇りを感じさせてくれるポイントでもありますね。

d3s_1530

さて、一通り撮影を終えていよいよ全開走行に。

スポーツバイシクルは他の乗り物よりもさらに強く五感に訴えかけてきますが、MADONEのフィーリングは他にない類まれなもの。ひと踏みするだけで、すぐに「やみつき」になりそうな感覚を覚えてしまいました。

d3s_1629

踏んで良し!振って良し!座って良し!流して良し!そして・・・・眺めて良し!
バイクを眺めながら晩酌のアテにできるバイクですね(笑)

ndf_5052

トレック独自のジオメトリーが生み出す回頭性の良さは、もちろんエアロロードモデルのMADONEでも健在です。
下り坂や平坦路でのスラローム走行でもスパッ!スパッ!スパッ!と回って行ってくれました。心地いい瞬間です。

ndf_4922

エアロ、乗車フィーリング、PROJECT ONEによるカスタム性・・・
すべてにおいて「ロードバイクの悦び」をライダーに与えてくれる究極のバイクであることは間違いありませんね。

ヤバいです・・・また欲しいバイクが増えてしまいました・・・

LINEで送る
メールで送る
TSUYOSHI UENO
上野 剛志

初めての方にも優しく丁寧に接客することがモットー。
副店長という職責からスタッフ間の調整役としての役割りが多い。
元アパレル業界での経験を活かし、サイクルウェアの着こなしやレイヤーのアドバイスもできる。
メカに対する探究心も深く、テックパートの責任者としても日夜研究を続けている。
ロードレース、とりわけ日本のJプロツアーのレースがとにかく好き。
自身もホビーレースで勝利することが目標。