STRADABICYCLES -ストラーダバイシクルズ-

スタッフタイム

新しいBBを試してみました![スタッフ熊谷]

こんにちは!

スタッフ熊谷です。

 

今回は新しく登場したBBを試してみました!

そもそもBBとは?

ボトムブラケットシェルに取り付けるベアリングの事を指すことが多いです。

より分かりやすく言うと、フレームの真ん中に空いてる穴に取り付ける部品で、クランクがクルクル回ってくれるのはこのBBのおかげです。

 

ボトムブラケットシェル。メーカーと規格によって形状は様々。

 

 

今回取り付けるのは、スタッフ熊谷の愛車、SUPERSIX EVOです。

BB規格はPF30Aという、キャノンデールの独自規格です。

まずはこれに対応するBBを探しますが・・・

少ない!

しかもスタッフ熊谷はSRAMのBB30 クランクを愛用しており、その軸径は30mm。

シマノの24mmスピンドルへのコンバージョンBBならまだしも、こんなマニアックな規格に対応するBBは数えるほどしかありません。

ということで今回はその中の1つ、新発売となったこのBBにしてみました!!

 

TOKEN TF4630 NinjaスレッドフィットBB。

 

 

BB規格・・・PF30A対応

対応スピンドル径・・・30mm

固定方法・・・スレッドフィット(左右が連結するBB)

この条件を叶えてくれる数少ないBB、「TOKEN TF4630 スレッドフィットBB」です。

 

見ての通り、ネジで締めこむことで左右が連結するBBです。

純正BBに比べ重量が増えるというデメリットがある反面、左右連結によりBB軸の精度確保、フレーム下部にある水抜き穴から砂などが入ってもクランクシャフトにつかない、防水性のアップなどなど。

多数のメリットがあります。

簡単にまとめると、良く回り、なおかつクランクとベアリングの寿命が向上するという夢のBBです。

 

 

取付完了!なかなかよく回る!

 

取付した感じは、なかなかいい感じ!

回転がスムーズになっています。

このBBはPF30、BB386に対応しています。

もちろんPF30Aも問題なさそうです!!

対応フレームで、BB交換をお考えの方はぜひお試しください!!

この記事を書いたスタッフ

YUKI KUMAGAI
テック&フロアスタッフ 熊谷 宥輝
ストラーダきっての理系社員で、元ゼネコンでの監督業務の経験を活かし、
テックでのアッセンブル業務からメンテナンス、接客と多岐にわたり広い視野で仕事をこなす。
仕事への探究心が深く、また納期を確実にできないと気が済まない。旅好きで写真好きなことから、
イベントでは「サイクリング」やビギナーライドを担当。
またパンク修理や洗車ワークショップなど、メカニカルな講習会を毎週行っている。
ステイブルな性格のため、幅広い年齢のお客様に親しまれており、ちょっと昭和なマインドの青年。

SBAA plus(スポーツ用自転車安全整備基準) 認定資格者
LINEで送る
メールで送る