STRADABICYCLES -ストラーダバイシクルズ-

スタッフタイム

いま、自分ができること[スタッフ田中]

コロナウイルスの影響が大きくなってきた昨今、スポーツバイクを取り扱う”自転車屋さん”である我々が「いま、できること」って何か?自問自答しつつ、混沌とした現状を冷静になって見直してみたいと思います。

我々ストラーダバイシクルズがスポーツバイクの”価値と効用”を、今の状況で皆様にどのような形でご提供できるのか、スタッフ一人ひとりが綴ってみました。


入社して7年が経過。私スタッフ田中は、おかげさまで現在では彦根店の店長となりました。

とにかく自転車が好きで、社会人経験ゼロの状態で入社したあの頃からずっとその情熱は変わらず、自転車の楽しさをもっともっと多くの人と共有したいという気持ちは、より強くなったと思います。

そんな私が、この異例の事態を前に自転車店として出来ること・・・

色々と考えて悩みましたが、本業である「目の前のお客様にご満足して頂くこと」の追求です。

感染するリスクに常に晒される昨今、外出を控える方も多く、ご来店の機会自体が減っています。来店しなくても商談ができるシステムもございますが、そんな中でご来店頂いたお客様を、最大限おもてなし出来る体制づくりが私の使命であると考えました。

具体的には、営業時間中は、ややこしい作業、ヘビーな作業をやりません!(笑)作業に追われる状態だと、焦りからお客様とじっくりお話が出来ないことがありますので、なるべく営業中にテック作業をしなくて済むようにしたいと思います。

そうは言ってもこの状況でも修理や組み立ての件数は多いです。それならば、残業してでも営業時間外で作業してしまおう!という結論に至りました。営業時間中は、お客様とお話することだけに集中出来る環境を作ります。だから、お気軽に何でもお尋ねください!!

また、自転車の状態にもよりますが、修理に関しては多くの場合数日〜数週間のお預かりで対応させて頂いてるのが現状です。これも、なるべく短い期間でお渡し出来るよう努めます。早く乗れる状態にして、楽しんで頂きたいですからね!

先日より行っている、店舗のお客様が触れる部分のアルコール除菌や自分自身の健康管理、そして積極的に運動して体力・免疫力を向上すること!私自身が健康でなければ説得力がありませんので(笑)プールも相変わらず週3ペースで通ってます!!

公共交通機関と比較して、ウイルスの感染リスクが低いのも自転車の魅力。体力もついて、健康になり、交通費も浮いて、良いことづくめです!暖かくなってきたので、草津勤務の際は私も彦根から草津まで片道60kmロードバイクで通勤しますよ~!

レースイベントなどの大きな大会はしばらく自粛モードですが、一人でもみんなでも楽しめるストラーダ独自のチャレンジライドやイベントを計画中です!ぜひ、発表を楽しみにしていてくださいね!!

この記事を書いたスタッフ

HIROKI TANAKA
ストアマネージャー 田中 宏樹
明るく朗らかな性格で常に元気に仕事をしているフロアスタッフ。
各メーカーのジオメトリーやサイズ、規格などに精通しており、それを諳んじるぐらいに記憶している。
元陸上部だったこともあり、高い心肺機能を有していることから、ヒルクライムのホビーレースで上位に食い込む実力がある。
とにかく時間があれば自転車に乗っている自称・他称「自転車バカ」。
イベントでは初めての方が安心して乗り出すための「デビューライド」や「モーニングライド」、
また平日休日問わずに行われる「トレーニングライド」など多岐にわたる。
LINEで送る
メールで送る