STRADABICYCLES -ストラーダバイシクルズ-

スタッフタイム

2019年の振り返り&2020年の目標![スタッフ上野]

2020年を迎え、今一度、2019年を振り返り、2020年の目標を発表しちゃおうという連載企画「2019年の振り返り&2020年の目標!」
まずはチーフメカニック上野が2019年を振り返って、2020年の目標をビシッと表明いたします!


明けましておめでとうございます。
本年も自転車を思いっきり楽しみ、新たな分野への挑戦もしつつ、頑張っていきたいと思います。

さて、1年前の初頭に2019年の目標を掲げていましたが、達成できたのでしょうか!?
まずは去年掲げた目標を見返してみましょう。

1、年間走行距離10,000km
2、年間獲得標高100,000m
3、月一ビワイチ

上記の3つが2019年に掲げた目標でした。

まず、走行距離ですが、「9,564km」獲得標高は「61,776m」でした。
11月に体調不良で10日間ほど乗れなかったりしたが、達成しなかった一番の課題は通年を通して乗れなかったこと。
趣味そうだが仕事でも日々の積み重ねが重要であると改めて感じました。

何事も「やりきる」事を2020年の信念にし、「有言実行」できるように頑張ります。

2019年の一番の思い出はハワイに行けた事でした。

ホノルルセンチュリーライドのメカニックサポート隊として行きました。
お店での通常業務は、バイクを組んだり、接客したりとする事が明確で目の前に仕事がある状態ですが、ハワイでの仕事は「自分で考えて動く事」を常に考えて行動する事が求められました。

メインはメカニック作業でしたが、日本から持っていける工具は限られているので、その時にある物だけで修理をするスキルも学べました。
今年は誰が行くかはまだ分かりませんが、もし行けるなら、去年よりもより良い仕事ができるように万全の状態で頑張ります。


では、2020年の目標ですが、冒頭でも書いたように「新たな挑戦」を目標に掲げます。

2020年の目標

1、トライアスロンへの挑戦

今までも出ようと思った事はありましたが、それは会社が出ろというから仕方なくという気持ちは正直、ありました。
ただ、今回は違います。年齢も40になり、何事においても結果を求められる年になり、仕事でもプライベートでも保守的になりがちで、「チャレンジ」という気持ちは若い時に比べるとグンと落ちていました。

ここらで今までと違う事をするのも面白いかなと思い、チャレンジする事にしました!

そしてもう一つの目標は「NEWバイク」を組むこと。
ご常連様中にはまだか、まだかと首を長くしてお待ちされている方もおられますが、今年中に必ず完成させます(笑)

そこのblogを見ているあなたも「新たなチャレンジ」に挑戦しませんか!?
ストラーダバイシクルズは「チャレンジ」する方を全力で応援致します!!

この記事を書いたスタッフ

TSUYOSHI UENO
草津本店 店長 上野 剛志
初めての方にも優しく丁寧に接客することがモットー。
副店長という職責からスタッフ間の調整役としての役割りが多い。
元アパレル業界での経験を活かし、サイクルウェアの着こなしやレイヤーのアドバイスもできる。
メカに対する探究心も深く、テックパートの責任者としても日夜研究を続けている。
ロードレース、とりわけ日本のJプロツアーのレースがとにかく好き。
自身もホビーレースで勝利することが目標。
LINEで送る
メールで送る