STRADABICYCLES -ストラーダバイシクルズ-

スタッフタイム

温故知新。良いモノはヨイですね![スタッフ山本]

さて、日ごろの運動不足(?)を解消すべくエクストリーム通勤に勤しんでおります、彦根店 店長のヤマモトです。

今現在でのMy愛車はCANNONDALE SUPERSIX EVO Hi-MODなのですが、雨でも晴れでも走る通勤ライドに使うのは流石にちょいと勿体ない。と言う事で、その昔、お客さん時代にストラーダで購入し、しばらく放置してしまっていたバイクを復活させました。

「懐かしい!」って感じる方も多いのではないですかね?2007年モデルのMadone!

ワイヤーが外出しだったりと、最新モデルと比較するとちょっと古さも感じますが、何よりも「HANDMADE IN USA」ってトコロがポイントです。

「MADE IN WATERLOO」ってのが誇らしい!

久々に乗ってみて感じたのが、「めちゃくちゃ乗り心地が良い」って事でした。
流石に最新モデルのSUPERSIX EVOと比較すると軽さでは負けちゃうので、ちょっとダルい感じがしますが、平坦をジワーっと乗るには最高!古いモデルだからってバカにできませんね(笑)

今も脈々と受け継がれるTREK独自の「シートマスト」も装備。

よく見てみると形状が今のモノと全然違うんですよね。とっても細かい所ですがこういった点にも進化を感じます。

皆さんも眠っているバイクフレームって意外とあるんじゃないでしょうか?
「温故知新」とは良く言ったもので、改めて感じる「良い物は良い」って感覚でした。

まぁ、良い物だから故に「ちょっとイジっちゃおうかなぁ~」と妄想しちゃうのも・・・
「ちょいと古いフレームに最新のコンポなんて良いかも!」と思わず、新型アルテグラの価格チェックしちゃいました・・・怖い怖い(笑)

この記事を書いたスタッフ

TOMOTAKA YAMAMOTO
店長 山本 朋貴
滋賀本店の責任者としてのみならず、IT企業での経験を活かし、自転車業界では類を見ない、独自の情報管理システムを構築している。
また社員教育も担当し若手スタッフの研修を手がけている。
イベントの得意分野は自身の経験を活かしたパワーメーター講習。
長年マウンテンバイクのレースを走ってきたが、昨年からトライアスロンに挑戦。
オリンピックディスタンスやアイアンマン70.3のレースを中心に出場する。
2011、2012年全日本マウンテンバイククロスカントリー選手権・マスタークラスチャンピオン。
LINEで送る
メールで送る