STRADABICYCLES -ストラーダバイシクルズ-

スタッフタイム

2019年の振り返り&2020年の目標![スタッフ山本]

2020年を迎え、今一度、2019年を振り返り、2020年の目標を発表しちゃおうという連載企画「2019年の振り返り&2020年の目標!」
草津本店、彦根店の統括マネージャーとして、あっち行ったりこっち行ったり・・・年がら年中バタバタしているスタッフ山本の振り返り&目標表明!


さて、2020年に入りましたが、年々、「年末年始感」が薄れているような・・・これは加齢のせいか、それとも日々バタバタと追われているせいか・・・(苦笑)
2019年は消費税増税という、小売業を営む者としては死活問題と言える衝撃的な出来事もあり、とにかく”波乱万丈”というにふさわしい一年だったように感じます。決して気持ちの良いものではありませんが・・・

とにかく毎日バタバタで良くも悪くもアッという間に過ぎ去った一年だったように感じます。そういえば王滝に出たのもすっかり昔の出来事のよう・・・(^^;

目標としていた「SDA王滝 優勝」という目標は達成できたので、まぁ”良し”という感じですが・・・お仕事という面では2020年はもっと”余裕”を持てるように、ある意味”ケセラセラ”で”ポジティブに”というのが目標ですね!

閑話休題。さて、気持ちを入れ替えて2020年の目標ですが・・・大きく分けて2つ!

1つは「自転車旅=キャンプをめっちゃやる!」という、目標というにはいささかゆるい感じですが・・・

11月に思いつきで行ってみた「自転車ソロキャンプ」がとにかく楽しかった・・・
今までレース中心で「速さ」を追求し続けてきた自分にとって全く新しい自転車の遊び方を経験できたのが大きい。これからおっさんからおじいさんになっていく上でライフワークとして取り組みたい「新しい趣味」が見つかった気がします。

さて、その為には王滝で壊しちゃったTOPSTONEを治す事から始めなければ・・・(笑)


とは言え、”遊ぶ”為には体力が必要。今までのように「レースで勝つ」というモチベーションではなく、「今の体力を維持する」平たく言うと「太らないように体形を維持したい」という欲望を満たすためには、やはりトレーニングするための目標設定も重要です。

とは言え、昨年のように「SDA王滝で優勝する!」みたいな大きな目標は、正直なところ、ちょっとしんどい(苦笑)ので、今年は全く新しいチャレンジ、ずばり「トレラン」です。

個人的な事ですが、私の家は比叡山のふもと。歩いて5分でトレイルに入れるという、絶好のポイントに位置しており、今までもトレイルランニングというか”山散歩”という感じで遊ばせてもらっていました。

そんな比叡山で毎年開催されているのが「比叡山 InterNational TrailRun」というレースイベント。

もともと自転車を始めたきっかけがひざの病気だった私、ランニングはおろかウォーキングもままならなかったのですが、自転車との出会いでトライアスロンも完走できるほどに改善してきたガラスの膝。
そんな状態ですが、自分を超えてみたいという気持ちは強く、どこまでチャレンジできるのかわかりませんが、今まで経験した事のない領域に挑戦してみたいと思います。(って、距離は50マイルではなく、50キロの部でちょっと日和りますが・・・(^^))

もちろんトライアスロンはライフワークとして、継続して参戦しようと思います。トライアスロンのクロストレーニングの一環として、トレランからのアプローチというのも試してみたいというのも理由の一つ。とにかく新しい事に挑戦するワクワクとドキドキを感じています。

あとは・・・個人的に英会話の向上ですね・・・歳取ると頭の回転が遅くって・・・まぁ、これは”ケセラセラ”でやっていきます!2020年もよろしくお願いいたします!!

この記事を書いたスタッフ

TOMOTAKA YAMAMOTO
統括店長 山本 朋貴
滋賀本店の責任者としてのみならず、IT企業での経験を活かし、自転車業界では類を見ない、独自の情報管理システムを構築している。
また社員教育も担当し若手スタッフの研修を手がけている。
イベントの得意分野は自身の経験を活かしたパワーメーター講習。
長年マウンテンバイクのレースを走ってきたが、昨年からトライアスロンに挑戦。
オリンピックディスタンスやアイアンマン70.3のレースを中心に出場する。
2011、2012年全日本マウンテンバイククロスカントリー選手権・マスタークラスチャンピオン。
LINEで送る
メールで送る