STRADABICYCLES -ストラーダバイシクルズ-

スタッフタイム

スタッフ田中ができるまで![入社後、最初のミッション!]

こんにちは!スタッフ田中です!

前回入社前のストラーダとの関わりや購入したバイクについて書かせて頂きましたが、今回はストラーダに入社したことと、「最初のミッション」について書かせて頂きます。

前回の記事で触れたとおり、大学時代からストラーダに入り浸っていた私。
スタッフのみんなや一緒にイベントに参加したお客様たちの雰囲気が好きで、在学中からここで働きたいと強く思うようになりました。

それと同じぐらいの時期に、なんと!ストラーダの求人がホームページに!!
今しかない!と運命的なものを感じ、すぐさま応募しました!

その後めでたく入社が決まり、まず最初に与えられた任務は・・・
「自分で数日間の旅を企画、実行すること」でした。

自転車での旅・・・

四国、九州、紀伊半島、能登半島などなど、色々考えてみましたが、数日練って私が企画した内容は、6日間で四国1周の旅。

尾道からしまなみ街道で四国に渡り1周して、またしまなみ街道で尾道まで帰るというもの。
ざっと計算したら約1100~1200kmぐらいの旅路なのですが、それはもう過酷でした(笑)

1

(1日目 来島海峡大橋)

毎日目的地まで到着することに必死で、あんまり写真を撮ったり観光したりできませんでした。

6

(2日目 鳴門スカイライン)

大雨の中、激坂をヒルクライムしたりもありましたねぇ・・・(遠い目)

3

(3日目 室戸岬)

でも今もあのときの情景が、重い荷物を背負って走った数日が鮮明に浮かびます。
人の温かさに触れ、一期一会の出会いがあり、これもまた私の一生の思い出になると思います。

7

(4日目 多ノ郷駅)

最後はヒザの痛みに耐えかねて4日目でリタイアとなりました。いつかまたリベンジしたいですね。
次は、もっと余裕を持ったスケジュールで(笑)

8

さて、こんな思い出ある「PHIBRA TWO」も、残念なトラブルが数ヶ月後起こってしまうわけです。
そう、「落車」です。これまでも何度か経験してますが、ついにフレームをやってしまい乗れない状態になってしまいました・・・

今回はココまで!
次回は入社後のバイク遍歴について書きたいと思います!
どうぞお楽しみに~!

LINEで送る
メールで送る
スタッフタイム

MYBIKE紹介!アメリカンな感じが大好きです!

メカニックのスタッフ太田です!

毎度ご好評いただいております、ストラーダ社員による「スタッフタイム」
前回までで簡単な自己紹介が終わったので、今回からは少し自転車の事を書こうと思います。

せっかくの機会なので今回は自分の乗っている愛車をご紹介したいと思います。


皆さんは自転車を選ぶ時、どのような基準で自転車を選ばれてますでしょうか?
メーカー、性能、色、見た目、直感などなど色々あると思いますが、私はずっとアメリカンバイクばかり乗り続けています。

これといった理由は無いのですが、昔からアメリカモータースポーツが好きで、ずっとアメリカン=カッコイイっていうのが自分の中にあったんです。

 irorio

キャノンデール、トレック、スペシャライズド・・・

色々な自転車を乗ってきましたが、今まで乗ってきた8台のうち8台がアメリカンバイクでした。
最初に譲ってもらったロードバイクがキャノンデールだったことも運命でしょう (笑)

 2007-3-3-006

アメリカに一ヶ月ほど修行に行っていたこともあったのですが、行き先がアメリカじゃなかったらおそらく行ってなかったでしょう。
先輩に誘われて相当悩んだのですが、「アメリカ」っていうのが決定打でした^^

そのくらいアメリカ通な私。

p1110095-001

現在は色んな自転車を乗り継いで、この最新モデル「CANNONDALE SUPERSIX EVO Hi-MOD」に乗っています。

このSUPERSIX EVOは完成車には無い特別仕様に仕上げてみました。
フレーム、パーツ選び、カラーリングまですべてにこだわっており、元の完成車の面影が全く無くなった仕様に生まれ変わっています。

元々CAAD12を購入しようと思って、キャノンデールさんの展示会にお邪魔したのですが、その際に試乗したカーボンモデルの性能にほれこんでしまうと言う・・・

p1110097-001

今ではキャノンデールさんのカスタムラボが普及し、完成車モデルにないカラーリングで気軽に注文する事が出来るようになったのですが、私が発注した当時はまだカスタムラボが存在して無く・・・自ら塗装屋さんにお願いしカラーリングを変更しちゃいました。(笑)

今思うともう少し待っていれば…みたいなことも言われるのですが、カスタムラボでは再現できないカラーリングになっているのですごくお気に入りです♪

p1110103-001

fb_img_1479697944894

各パーツも自転車に合わせてアッセンブル。

元々機械式のコンポーネントだったところをDi2化したり、ハンドル、ステム、シートポスト、もなるべく見た目が同じになるようにカーボン地の物をチョイス。
バーテープやサドルカラーもフレームを目立たせたかったのであまり主張の強すぎないブラックで統一したごだわりです。

p1110107-001

こういうパーツを選ぶときほんと楽しいんですよね^^

あっという間に時間が過ぎていた記憶があります。
毎晩パーツメーカーのホームページとにらめっこしてました。
こんな気持ちって、お客様も全く同じなんでしょうねぇ(笑)

シクロワイアードさんでもご紹介して頂いているので宜しかったら見てみてください。
http://www.cyclowired.jp/lifenews/node/209053
(レース走った直後に撮影してもらったためだいぶ顔がお疲れですが…(^^;)

 fb_img_1479697894497

せっかくの自転車、カスタムしていくのも楽しみの一つです。
このようにプラモデル感覚で自転車を仕上げていくのもすごく楽しいですよ♪

パーツ交換のことも何でもご相談ください!
きっと今以上に自転車に愛着湧きますよ♪

LINEで送る
メールで送る
スタッフタイム

スタッフ熊谷ができるまで![そして今に至るわけです]

こんにちは!

スタッフ熊谷です。

 

そういえば今年は厄年だったなぁ・・・

なんて2016年も残り1ヵ月半の今、ふと思い出しました。

無事に今年が過ぎ去って新年とはいかず。

 

日々の不精が招いたのか、身体が故障しました(笑)

「腰が痛い」が口癖の最近です。

 

京都店の店長厚海が行う”BGFitでバッチリだったバイクポジションもヘルニアには敵わず。

ハンドルを上げる必要性に迫られ、ついに腰痛を言い訳に新しいバイクを購入!

 

img_20161120_091313

 

CANNONDALEのシクロクロスバイク、SUPER Xです。(詳しくはこちら

なかなかにオシャレでしょ(笑)。

といってもシクロクロスは出れないので、これでまったりサイクリングや、まったりグラベルライドでもしていこうかなと思います。

というわけでスタッフ熊谷、こうして今に至ったわけでした。

 

img_20161120_090928

 

みなさんも身体はお大事に!!

LINEで送る
メールで送る
スタッフタイム

スタッフ上野ができるまで![今までの愛車について・・・]

どうも!こんにちは!!
滋賀店、副店長の上野です~

今回は今まで乗り継いできた愛車について書きますね~

実はストラーダに入社する前はGIANT通でした。
いやぁ、今見るとホントに懐かしいですね~
かなりこだわっていて、フレーム以外は全て交換しています。

img_2627

ロードバイクに限らず、趣味にハマるともっともっと良い物が欲しくなりますよね!いわゆる「物欲」ってやつです(笑)

GIANTで満足できず、次のバイクを物色する日々が続きました。
毎日、ネットで色んな情報を探していましたが、この時間が一番楽しかったですね。

それこそ、PINARELLOやTIME、LOOK、TREKなど見るものが新鮮で物欲MAXでした(笑)

ただ、模索している最中に唐突と憧れのブランドが見つかりました。
それはアルベルト ・コンタドール選手が乗っていたSPECIALIZEDのトップグレード「S-WORKS」

img_2537

その中でもAEROに特化したVENGEが特にビビッと来て、お気に入りでした。

初めて見たときはカッコよすぎて衝撃!!!

ndf_1151

値段がびっくりするくらい高かったですが・・・思いきって購入して良かったです。

2013年の11月から乗り始めて3年になりますが、VENGEには色々な思い出がありますね。
ビワイチや、アワイチ、しまなみに行ったり、レースで入賞したりと3年で3万km弱程は乗ってるかも。

そしてそして・・・現在は大ファンの清水 都貴選手が所属していたANCHORをメインに乗っています。

9月のレースで落車したRS9。
推進力を全面に考えて作られた「PROFORMAT」を採用したバイクだけあって、めっちゃ進みました!ホント、今までで一番「走る」バイクに出会えたカンジです。

img_2711

・・・ただ落車してカーボンが割れたので今はオブジェです(泣)
なので!実はもう一台、RS9を買おうかなと考え中!RS9の限定モデルになっちゃうかも・・・

結構、いろんなバイクに乗ってきましたが、やっぱり「レース指向」なバイクが多いですね。
ロングライドやツーリング、ヒルクライム等、それぞれに特化したバイクもありますが、私の場合は「ガンガン走る」バイクが好きみたいです!

こーんな「ガンガン走る」バイクがお好みの方!色んなマニアックパーツについて語り合いましょう(笑)

LINEで送る
メールで送る
スタッフタイム

スタッフ山本ができるまで![怒涛の全日本編]

滋賀店店長のヤマモトです!
さてさて、おかげ様でご好評いただいておりますスタッフブログ、「できるまで」シリーズ。
今回は・・・やっぱりアピールさせていただきましょう!過去の栄光を!!(笑)

前回のブログでJシリーズへの参戦、そしてエリートクラスへの昇格までを書き綴りましたが、今回は我が人生のピーク(笑)全日本選手権のお話を・・・


エキスパートクラスでポイントを稼ぎ、どうにかこうにかエリートクラスに昇格できたのが2005年。

1

まぁ・・・見事にトップカテゴリの洗礼を受けました。全く歯が立ちません。
完走なんて夢のまた夢。どんなに頑張っても30位後半に入るのが精いっぱい。

そんな中、僕に強烈に刺激を与えてくれたのがストラーダのアツい面々。

2

「これじゃいかん!」とオフシーズンに過激、無茶、無謀、無理とも言えるトレーニングを繰り返しましたが、これにいっつも付き合ってくれたのがこの二人(笑)
ホント、この頃の僕らは誰よりも熱く、濃かったような気がします。

さらにテンチョー井上のメカニックサポートや家族の応援・・・いろんな人からの支えによって「走らさせてもらっている」
そんな感謝の気持ちが自然と出始めた頃、ようやく成績が出始めました。

99fd

北京、ロンドンのオリンピック選考レースにも出場でき、10位前半の位置で完走も出来るようになった。
そんな自分が、どうしても獲りたかったレース、それが「全日本選手権 マスタークラス」でした。

0651

PHOTO BY 信州ふぉとふぉと館

思えば2006年から6年間の挑戦。
一年を掛けて、このレースにピークを持っていき、全てをぶつける。
言うのは簡単ですが、実際にやってみると肉体的はもちろんですが、精神的に追い込まれた日々を過ごしていました。
今、あの生活をしろって言われたら、絶対にできない自信があります(笑)

0749

PHOTO BY 信州ふぉとふぉと館

そして、悲願達成。
それは決して自分の力ではなく、仲間と共に手にした勝利でした。

詳しくはレースレポートが残っていましたので、ご興味のある方は是非・・・(笑)

【レースレポート】2011年 全日本マウンテンバイク選手権 マスタークラス

そしてストラーダへ入社し、一年後。
今まで誰も成し遂げた事の無い連覇を狙い、再度、挑戦しました。

7357090264_f6aa486a37_k

第25回 全日本マウンテンバイク選手権大会 マスタークラス レースレポート

今、思うと、たぶん、このレースで「やり切った」んだと思います。

7357088248_adcb4fd9af_k

2011年に感じた、筧さん(ゴローさん)との焼け付くような闘い。

0504

PHOTO BY 信州ふぉとふぉと館

極限の中で感じる、限界を超える快感。こんな感覚は簡単に手に入るものではありませんでした。
2回目の優勝の時に感じたのは、そういった意味では虚無感だったのかもしれません。

「これ以上、上には行けない」

プロの凄さ、そしてそれに立ち向かうトップアマチュアレーサーの凄まじさ。
確かに、ホームとも言えるこの世界に身を置いておくのは心地が良く、いつまでも浸っていたい気持ちもありました。
しかし、もっと自分にできる事って無いのだろうか・・・?を考え出し・・・そろそろ「潮時」なのかと感じたレースでもありました。

そして、2014年の最終戦をもって、いったん「区切り」としました。

14106506972_c23a4cb633_k

2003年から挑戦し、約10年間もの間、大げさでなく人生の大半を費やした「Jシリーズ」

振り返ってみると、我ながら長い間、この世界に没頭したものですね。
ここで出会えた多くのライバル、レース会場でお会いする方々。そして、何よりも大切な仲間。
僕の人生にとって、大切な宝が出来ました。

14129661663_bfab8217a2_k

「自分にできる事」って、もっと多くの方の「宝」を増やしたい。そんなお手伝いをしたい。
だから、今の自分が居るんだと思います。

と、言う事で我が青春のJシリーズ編はここまで!
ご清聴ありがとうございました~(笑)

LINEで送る
メールで送る
スタッフタイム

スタッフ厚海ができるまで![ストラーダバイシクルズ入社に至るまで・・・]

前回はSIX13との思い出・・・そして今回はストラーダバイシクルズ入社に至るまで・・・です!

この時代の写真もどこいったんやろーーー??

 

この内容は笑あり、涙あり??さらに詳しい事を知りたい方は、厚海とお酒の席を設けてください(笑)

 

2010年7月にある決意をしました!

◯◯◯スポーツクラブを退職し、エステ業界に転職をする!!ということです。

当時(今も?)独立開業をすることが夢だったので、その一歩としてエステ業界に転職!を決意した月でした。退職日は2011年1月10日に決定!!

当時私はある人に「恋」をしていました(笑)一緒に自転車乗る人だったので、一緒にどっかに出かけたり・・・なんて、転職を含めてワクワクがいっぱいでした!

が・・・・・・・・ある事件が起こりました!これが後々思えば、ストラーダバイシクルズで働くきっかけになった事件です(笑)

 

そう!失恋です(笑)←今は笑えるけど、当時は笑えなかった・・・

 

今でも覚えています。退職するスポーツクラブのスタジオのファイナルレッスンの前日の出来事でした。(2010年10月25日)

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-16-13-58-52

まぁ、そこで何故か、ストラーダの井上テンチョーがそのことを知って、気を使ってくださって、その事を知ってる人と飲みに行く事になりました。

ただ精神的に病んでいたので、グテングテンに酔っ払ってしまって、家に帰れず、瀬田アーバンホテルで宿泊をして帰る事になりました(笑)次の日のファイナルレッスンはなんと最後なのに調子の悪い事(笑)

そして12月にみごと退職日の翌日から入社というタイミングでエステの内定をもらいました!!

 

そしてエステ業界に就職してから、職場も瀬田だったので、ちょくちょく井上テンチョーと飲み仲間みたいに、当時みんなが通う「ひろちや」さんでよく飲んでました(笑)

それでこそ、その夏に滋賀店が移転するということで、改装工事中のところへハンバーガーとポテトの差し入れを持って見に行ったこともあります。

その時初めて「山本トモタカさん」と出逢いました(ほんまは以前イベントで1回会ってたらしい)

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-16-14-00-18

 

 

夏が終わって秋くらいに、体調を崩してしまって、エステ業界を退職、そのまましばらく療養してた時代もあありました。

ちょうどその時に気晴らしに・・・とストラーダで初「フォト&ライド」のイベントに参加させてもらいました。

そしてちょっと元気になり始めて、井上テンチョーとまた飲みに行った時に、「滋賀店も大きくなって、いろんなアミューズメント性をもたせたい!あっちゃん、うちで整体事業してみない??」と声をかけてもらいました。

そう、「整体師」の資格も取っていたので、自転車というスポーツと関わりの深い「整体」をしてみないか?というオファーでした。

いやいや、自転車のこと、全然知らんのに、バイクショップで働くの?????

整体の仕事がない時は、奥のパーツ&アクセサリーコーナーで接客してくれたらいいから!バイクはノータッチで大丈夫だから!というのが入社のきっかけでした。

 

体調も整い、2012年3月1日にストラーダバイシクルズに入社しました!

はじめは試用期間でアルバイト勤務させていただいてました。

 

さて次回!「入社から今に至るまで!〜トライアスロンとの出会い〜」です。

お楽しみにーー!

LINEで送る
メールで送る
スタッフタイム

スタッフ田中ができるまで![学生時代~入社前]

こんにちは!スタッフ田中です!

前回は私の学生時代、初のロードバイクを購入するまでについて書かせて頂きましたが、今回はストラーダでバイクを購入し、スポーツバイクに心底ハマッてしまうまでについて書きたいと思います。

DEFYでロングライドなどを楽しんでいた私でしたが、その日々は長くは続きませんでした・・・
基本的に物欲の塊な私、次なるバイクを購入するにあたってイロイロとリサーチするため、ストラーダを覗きに行ってみました。
そのとき対応してもらったのが、現在の滋賀店店長のヤマモト氏。
簡単に要望を伝えたところ、紹介しくれたのがカレラ「 NITRO SL」でした。

542954_281249898637875_1913970328_n
カーボンでワイヤー内蔵式のフレームという条件かつ、憧れのイタリアンブランド。
なのにお手頃なプライスだったため、結局1週間後に注文してしまいました・・・

 

このバイクも実は半年ぐらいしか乗っていないのですが、ビワイチも何度かやり、今や定番練習コースとなった「ルモン」のヒルクライムに行ったのもこのバイクが初めてでしたね。
よくアサレンやモーニングライドに参加させてもらってましたので、この頃から私を知っているお客様もいらっしゃるのではないでしょうか?
当時は月数回のストアイベントが、ものすごく楽しみで楽しみでしょうがなかったです!
(イベントで楽しませてもらったことが、その後ストラーダに入社したいと思った理由のひとつです。)

その約半年後、衝撃的なフレームに出会います。
ブランドはまたもやイタリアのカレラ。もう、見た目がどストライク過ぎて、予約開始と同時に注文しにストラーダへ。

945235_426937217402475_1613422581_n

そして注文から約3か月、待ちに待った「カレラ PHIBRA TWO」が完成!

734406_400649340031263_137624150_n
左右非対称のカラーと個性的なフレーム形状に惹かれて。当時が懐かしい・・・四国一周の旅に行ったのも良い思い出です。

それと時期を同じくして、初のマウンテンバイクも!

485605_438630796233117_1162910426_n
スタッフではなく、周りのお客様に勧められ(笑)セールになっていたハイエンドアルミバイク「TREK 8000」を購入!※学生です。

295600_410258699070327_176112413_n

 

そ、そういえばもう一台、キャノンデールの「QUICK 4」なんかも買っています。※まだ学生です(笑)

こうして、アルバイトしてお金を貯めてはストラーダへ、足繁く通っていたわけなのですが、次回は入社後のアレコレを書きたいと思います!

LINEで送る
メールで送る
スタッフタイム

スタッフ太田ができるまで![入社後の不思議なお仕事編]

こんにちは、スタッフ太田です。
今回もやってきましたスタッフブログ。
これまで自己紹介的な事をいろいろ書いてきましたが今回がひとまず最終回です!


ストラーダに入社して普段出来ないような色々な経験をさせてもらった私ですが、今回は他のスタッフから「この話題は書かないとダメでしょう」と言われたアノのお話しを書きたいと思います。

ストラーダに来てひと月、突然大きなお仕事を任されました。

それは…

まさかの「映画のお手伝い」!!!

dscf0059_1

もうだいぶ前の事なのでこの事をご存じで無い方の方が多くなっていると思うのですが、入社して数ヶ月、初めて頂いた大きいお仕事が、まさかの映画のお手伝いでした。

20161112_012842

その映画とは「実写版のシャカリキ!」
曽田正人先生の自転車漫画でご存じの方も多いのではないでしょうか?
今では漫画を実写化している作品も多くなってきているのですが、当時はまだ少なかったと思います。

私の担当させてもらったお仕事とは、自転車初心者の俳優さんらの吹き替え役でした。
吹き替えって言ってももちろん声の吹き替えではなく、顔とかが映らないシーンで代わりに走って撮影する役をいただきました。

dscf0268

私の担当していたキャラクターの自転車、なぜか補給食としてドーナッツホルダーが(笑)   左が当時の愛車CAAD9です。

20161112_005400

走行シーンを撮影する日は、ほぼ毎回スタッフとして帯同させてもらっていました。

若手の俳優さんが多かったので皆さん自転車も問題なく乗りこなしていたため、実際に撮影が始まってみると我々吹き替え組が撮影する事も少なく一日現場待機で終わる日も多かったです…

frr
映画本編DVDから画像を引用
(C)2008「シャカリキ!」フィルムパートナーズ

レースシーンの撮影では伊豆のサイクルスポーツセンターや宇都宮のジャパンカップのコースを使って撮影していました。
一般公募のエキストラさんも混ざっての撮影だったのですがどこかで見覚えのあるジャージが

そうです私もストラーダジャージを着て参加させてもらっていたのです。^^

撮影は監督から指示が飛んでいたのですがエキストラの方に集団のコントロールをお願いするのも悪いので私が集団のまとめ役を引き受けさせてもらいました。

撮影前に「だいたいこのぐらいのスピードでこんな感じに」みたいな説明をし集団をコントロール。
結果ほとんどのレースシーンでストラーダジャージが先頭を引っ張る面白い構図になってしまいます。
第一集団でも第二集団でも前を引っ張ってました(笑)

thdh
映画本編DVDから画像を引用
(C)2008「シャカリキ!」フィルムパートナーズ

味方選手のジャージ着ていたり、敵チームのジャージを着ていたり、ストラーダの選手になっていたり、観客になっていたり、いろんなところに出没しているので探すだけで楽しいと思います。

http://blogs.yahoo.co.jp/shakarikimovie/6387697.html

実際の撮影風景等、まだ公式ブログが残っていたのでよかったら見てみてください。ほんと雰囲気が良い現場でした。

普段皆で頑張って何か一つのものを作るっていう事をする機会が無いので、出来上がったときは凄く感動しました。
ほんとまたいつか、こういう物作ってみたいです。

こんな感じに自転車を通じて普通じゃない体験をいっぱいさせてもらった私ですが、色んな人に恵まれているなぁといつも思います。

プロになったり、海外行ったり、映画でたり。
これも自転車乗って楽しんでいたからこそできた経験。
今後も色んな事を楽しんでいきたいです。

以上、スタッフ太田の簡単なご紹介でした^^
今後も宜しくお願い致します。

※使用している映画の画像は「著作権法32条」に基づき、文化庁のガイドラインに従って合法的に掲載させていただきました。
LINEで送る
メールで送る
スタッフタイム

スタッフ熊谷ができるまで![入社のキッカケ&愛車遍歴]

こんにちは!

スタッフ熊谷です。

 

とりあえず前回で自転車にハマったきっかけを書いたわけですが。

今回はまずストラーダに入社した経緯を…

 

 

 

 

 

 

 

なんででしょうね(笑)

「自転車が好き」で「好きなことを仕事にしたい」からですね!

学生の頃に1度だけ店に来たことがあって、その時雰囲気が良かったのをなんとなく覚えていました。

それだけ!?、って聞かれることもありますが、大事なのはフィーリングです(笑)

前職をやめるときに、どこで働こうか考えたときに真っ先にココが浮かんだわけです。

結果的に職場の雰囲気も良く、みなさまのおかげでついに4年目を迎えることができました!

 

 

そして入社してからは大人になって好きなものが買える!というわけで…

 

dsc_0239

 

赤かったですね(笑)

これが1台目。実は”自分で購入した”と言う点では、初めてのロードでした。

そして2台目。

 

img_20160718_100559

 

 

今まで散々キライだと公言していたシルバーカラーの1台。

つや消しシルバーが思いのほかカッコよくて、あぁシルバーもいいなぁ…と思った1台でした!

そして3台目!

 

 

img_20160718_214633

 

ついに正真正銘のハイエンドバイクに手を出しました!

コダワリまくりで、車が買える勢いでマネーが(笑)

現在新型R9100シリーズに載せ替えて、ばりばり現役です。

 

 

そしてついに4台目!?

Coming Soon!です!!

LINEで送る
メールで送る
スタッフタイム

スタッフ上野ができるまで![レースとの衝撃の出会い]

どうも、こんにちは。
滋賀店、副店長の上野です~
前回のブログでロードバイクにハマったきっかけを書きましたが、今回はスタッフ上野の主戦場であるレースについて書きますね~
レースに初めて出たのが5年前のけいはんなサイクルロードレースでした!
実はレースをアマく見ていて、あわよくば表彰台もイケるんかなと思っていたり…
だが、蓋を開けてみると圧倒的なレベルの差に愕然とし、スピードが速すぎて全く付いて行けず集団で走る事すら出来ませんでした。

img_0256

この圧倒的な敗北感が俄然とやる気に繋がりました。
みんな持っている気持ちだと思いますが、スタッフ上野は人一倍「負けず嫌い」です!

この負けず嫌い根性で、自ずと練習に熱が入り、それからはレースが一番の練習と考え、クリテリウムを中心にたくさん出てました。
それこそ関西圏や中部のレースまで遠征していまいたね~

img_9536
きつい練習に耐えられるのも表彰台という魔力があるからですね。
クリテリウムで6位入賞が最高順位なので来年こそは表彰台のテッペンに立てるように日々、頑張りますっ!!
実はガチで優勝を狙っていたので6位入賞は全く喜んでいません(笑)
img_2082
次は練習からレースなど思い出のいっぱい詰まった愛車について書きますね~
お楽しみに~

LINEで送る
メールで送る
スタッフタイム

スタッフ山本ができるまで![切磋琢磨なJシリーズ!編]

滋賀店店長のヤマモトです!

さて、前回のスタッフタイムで自転車(ストラーダ)との出会いまでを綴りましたが、今回は自分が「人生を賭した」と言っても過言ではないJシリーズ(現在のCJシリーズ)とのお話です。

ちなみにJシリーズとは・・・日本各地を転戦するマウンテンバイクレースの最高峰とも言える存在。
「スポーツ(初級)」、「エキスパート(中級)」、「エリート(上級)」クラスに分かれ、順次、ランクアップし、オリンピック選考レースや全日本選手権と言ったUCI国際レースもシリーズ戦に組み込まれ開催されます。


「Jシリーズに出てみない?」

関西地区での草レースに出場し、ちょいと成績も出してちょいとイイ気になりつつあった私。
次のステップとしては全国を転戦するシリーズ戦、「Jシリーズ」への参戦でした。

1

そして初参戦のレース。
今でも忘れません、雨の富士見パノラマでした。

内心、「初戦で勝っちゃったらどーしよー」なんて浮かれておりましたが・・・
まぁ、なんと言うか、参加者60人くらいで56位。いわゆる撃沈、惨敗。見事に天狗の鼻はへし折られました(苦笑)

「日本中には凄い人が居る・・・」

さぁ、そこから「やるか」「やらないか」ですが、見事にスイッチが入りました。
それからは何かに取り憑かれたように鬼神、正に鬼のようにトレーニング。

「人と同じ事をやってても、絶対に勝てない」

月間2000km走り込んだり、朝4時から練習したり、KZ山(ルモン)を5往復したり・・・
思えば相当に無茶な事をやりましたが、そこには常に「仲間」が居ました。

トレイルライドに、琵琶湖一周に、雪山修行に・・・数えきれない程のトレーニングは、自分だけでなく、切磋琢磨し合える仲間が居たからこそ、乗り越えられたような気がします。

dsc03244

思えばこの頃は貪欲でしたねぇ。
シマノ鈴鹿の「5ステージ」に出たり、シクロクロスの全日本選手権に出たり。

img_4386

今では怖くって(笑)出ませんが、クリテリウムでも逃げに逃げて。
「レースが最高のトレーニング」と思って、しょっちゅう色んな所にストラーダのみんなで出没していたような気がします。

c9dea816d2904e586e5c80ee7bb6af25

そんな仲間と「張り合うような」、まるで「喧嘩のような」トレーニング合戦を続ける事で、自然と成績も上がっていき、スポーツクラス(一番初級のクラス)の「白馬さのさか大会」で、ついに優勝!

優勝すると自動的に中級カテゴリの「エキスパートクラス」に昇格するんですが、その時にまたまたテンチョー井上が囁きます。

「キャノンデールのグラスルーツに参加してみない?」

163_6364

「キャノンデール グラスルーツ」
キャノンデールが販売店と共にMTBライダーの育成を行うプログラムで、なぜか私のようなおっさんライダーに白羽の矢を向けてもらえたんですね。

リオオリンピックの日本代表である山本幸平選手、そしてMr.CANNONDALE 山本和弘選手も所属するチームの下位チームに所属する形で、Jシリーズを転戦する事になりました。

023

そりゃ、もう、気合入りましたよ~がんばりましたよ~(笑)
もちろん仕事をしながらなのでトレーニングは大変でしたが、時間は創り出すもの。隙間の時間でとにかく「強く」なる事を一心に考えて考えて考えて考えて考えて考えて行動(トレーニング)していました。
今のようにインターネットもそんなに発達していない時代だったので、情報は自分でアンテナを張ってつかみ取らなければいけません。頭も使って、身体も使ってトレーニングに打ち込んだ日々でした。

しかし、流石は全国から猛者が集うJシリーズ。そんなに簡単に成績を出すことはできません。

3

常に壁にぶつかり、考えて、行動して、練り直して、積み上げる、の繰り返し。
試行錯誤しながら、仲間と一緒に一つひとつの階段を登っていく感覚でした。

少しずつですが、成績も上がり出し、三瓶山で開催されたレースではどうにかこうにか2位表彰台を手に入れる事に。

本当は優勝して最高峰カテゴリーの「エリートクラス」に上がりたかったのですが、結局、1年間の獲得ポイントによって翌年からのエリート昇格を掴み取ったのでした。

「優勝できるレベルでないと、エリートでは歯が立たん!」

そう思っていた自分ですが、その予感は・・・

おっと、思わず長くなっちゃいましので、次回、「灼熱のエリートクラス、思い出ぽろぽろ編」で(笑)

LINEで送る
メールで送る
スタッフタイム

スタッフ厚海ができるまで![SIX 13との思い出]

前回はSIX13を購入するまでのヒストリーでしたが、今回はSIX13との思い出編です!

これまた写真のデータがないぞ!!

まずバイクを購入して、1回目のライドは「近江八幡」までのライド。

片道、40キロメートルで往復80キロメートル。

まだウェアなどなく、普通のシャカパンにTシャツ。もちろんフラットペダル!

なんか全然前に進まない・・・なんで??って、後ろの変速の仕方は記憶にあったのですが、フロントのギアなんて記憶にすっかりなく、インナーギアでひたすら平地を進まない〜〜ってクルクルしてたような気がします(笑)女性のロードバイク初めて乗った時のあるある〜ですね☆

 

当時、フィットネスインストラクターをしていたため、筋力、体力、持久力だけはありましたので、乗り方は問題あれども、普通に楽しく乗って帰れたという楽しい思い出になりました!

が・・・翌朝のお尻の痛さにはびっくりしました!トイレも行けない(笑)

速攻、バイクパンツというものを買いにいきました。また私の悪い癖。何も調べずこれいいよ!って勧められた「アソス」のバイクパンツ(夏用)を購入。当時2万円くらいで大出費。まぁこんなもんなんやなぁ〜と思いながら。ストラーダで働いてから「アソス」のメーカーについて知りました。

結構いいブランドの使ってたんやぁ〜そりゃ、1着でかなり長く使えるわけだ!

 

10月くらいから乗り始めたのですが、何もわからず、冬ウェアなども知らず、ウィンドブレーカーや、フリースや、カイロなので、冬も楽しく乗りました!

そしてビンディングペダルデビュー!!

SHIMANOペダルにMAVICシューズ。ストラーダ店内にて、レクチャーを受ける。

レクチャーをしてくれたのは、スタッフの太田くんだったのですが、当時、誰が誰かわからず私は「井上テンチョー」だとずっと思ってました(笑)

 

そして、お知り合いの方のお誘いで「伊吹山ヒルクライム」に出場!

ヒルクライムって、なんでっしゃろーー??なくらい無知でしたが、なんか楽しそうだからエントリー♪

いやいや17km登るんですかーーー??

当日の朝に当時の奈良店の店長にペダルをなんとフラペに交換してもらいました!

 

まだ乗りながら水分補給ができなかったので、12キロ地点(短い距離の時のゴール地点)で広い場所があったので、止まって水分補給。

ゴール前のカーブで爆風で足をついた以外は頑張って漕ぎました!

img_1948

(写真の写真なので、画像が荒くてごめんなさい)

この頂上で初めて、ストラーダバイシクルズの井上テンチョーと初対面をしました(笑)

 

そして「ツール・ド・宮古島」こちらもお誘いを受けまして、ロードレースという言葉をあまりわからないまま「宮古島〜!!いきたーい」とエントリー。

100kmだけだから。アベレージ25kmを切らなければ大丈夫だから!なんて、ほぼ旅行気分☆

集団走行に慣れてません!たった2kmくらいで、一人旅状態・・・

途中池間大橋で写真撮ったりと、完全にサイクリングモード。

もちろん途中で足切り〜〜。

 

その後、楽しいイベントのお誘いは思い切ってエントリー!!

渥美半島ぐる輪サイクリング(合計2回参加)

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-07-21-08-49

石垣島アースライド(合計2回参加)

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-07-21-07-41

一回目の時は石垣島が地元のプロレーサー「新城幸也選手」とツーショットを撮ってもらったり。

当時はよくわからないけど、有名人☆(ごめんなさい!!)なんて勢いで写真をとってもらいました。

 

あとお店のイベントにもちょくちょく参加させていただいてました。

今考えたら、今の5倍くらい自転車に乗ってたような気がします(笑)

 

こんな感じで休日の自転車を楽しんでました!

次回は「ストラーダで働くまで・・・」の予定です☆お楽しみ〜〜

LINEで送る
メールで送る