STRADABICYCLES -ストラーダバイシクルズ-

スタッフタイム

“旅”を感じさせる自転車たち[スタッフ松岡]

自転車周辺の記事を、と言いつつやはり自転車のことも。

大将軍の旧滋賀店時代に初めてのスポーツバイクであるTREKのシクロクロス車を購入、ロードの軽快さと、キャンプ場への山道へも気兼ねなく突入できるタフさを併せ持つお気に入りバイクでした(現在知人に貸し出し中)。

その後はファットバイクで近所の裏山トレイルや湖岸をズルズルゴリゴリと走る楽しみを覚え、ロングテールバイクでは荷物を自転車で運ぶことの利便性に目覚めました。ロングテールにいたっては趣味も実益(居酒屋/食堂の仕入れ)も兼ねて2台乗り継いでいます。どちらも現在は扱いのないブランドではありますがあまり実車を見ることもないカテゴリーなのでご興味のある方はぜひ。

現在のメインバイクはJAMISのレネゲードエキスパート。東レの高性能カーボンT700をフレームに使用したグラベルロードの先駆けとも言えるバイクです。ガッチリした前三角としなやかな後ろまわりでオンロードでの乗り心地は極上、結構なガレ場でもグイグイと走りきる力強さ。フレームに3ヶ所、フォーク左右にそれぞれダボ穴がありますので多様なボトルケージやキャリア類の装着も可能、フレームバッグやサドルバッグを装備すれば世界的に流行しているバイクパッキングに即対応。

学生の頃はテントや寝袋を積んだオートバイで日本中をツーリングしていましたが、それを自転車に置き換えて「ああ、こんなちっぽけな装備で人間なんて案外快適に過ごせるもんなんだなー」という気持ちを再度実感してみようと思います。

写真は11/20の御代参街道にて。街道旅のエッセンスの詰まった楽しい旅程でした。この道もいつか皆さんとご一緒できることを。

LINEで送る
メールで送る
テックレポート

チェーンが綺麗になると・・・ココロも晴れ晴れ![スタッフ熊谷]

ストラーダバイシクルズでは、お求めいただいたバイクは点検作業をずーっと無料でいつでも対応させていただいております。

そんな点検の際、「日々のメンテナンスってどうすれば良いの?」というご質問をいただく事が多くあります。
そんな時は決まって「洗車と注油をして、あとは僕にオマカセください!」とお伝えしているのですが、この”洗車”と”注油”ってのがなかなかに曲者でして・・・

フレームは洗車できていても、多くの方がチェーンやスプロケットなど「油汚れ」については完全に綺麗にしきれていないケースが多いんですよね・・・

基本的にチェーンへ注油する際、いったんチェーンの汚れや油を取り去る必要があるんですが、これが”いちいちメンドクサイ(笑)”という方が多いのではないでしょうか?

汚れた油の上に更に注油しつづけると・・・しつこーい汚れがこびりついて・・・
こうなってしまうと単に汚れるだけでなく、本来の性能を発揮する事も難しくなってしまいます。

とは言え、なかなか家では完全に綺麗にする事は難しい・・・

そんなお声にお応えするべく当店でご提供しているサービスが「1DAYチェーン洗浄サービス」なんです。



その名前の通り、汚れたチェーンとスプロケットを外し、新品同様に戻しちゃうサービス。

なかなか自分ではやりにくいチェーン、スプロケットの取り外しと完全洗浄を行うので、本当に新品同様の輝きを取り戻す事が可能です。

どうです!チェーンもスプロケットもピッカピカでしょ!?

汚れに汚れたパーツを洗浄するのって、結構楽しかったりもするんですが、何よりお客様の「新品みたい!」と喜んでいただけるのが、一番楽しい瞬間ですね(笑)

どうもウチのサービスのご紹介みたいなブログになりましたが・・・自宅ではなかなかここまで綺麗にしにくいという方も多いと思いますので、ちょっとアピールさせていただきました!

特に冬のシーズン、路面が濡れていてチェーン廻りも汚れがつきやすいので、一度新品状態に戻したいという方は是非、ご活用くださいね!

LINEで送る
メールで送る
スタッフタイム

新しいバイクは、ちょっとマニアックなMTB!![スタッフ田中]

ここ最近、寒かったり少し暖かかったり、安定しない天気が続いていますね。

私スタッフ田中は・・・またもや自転車を購入しちゃいました!

ここ一年で何台買ったんでしょう・・・え~っと、4台目ですね(笑)

実は過去にMTBを所有していたのですが、なかなか乗る機会がなかったので一度は手放してしまいました。

ところが、夏ごろに試乗した際、乗ってみたいと思うバイクが登場したので、ついつい勢いでオーダーしてしまい遂に組み上がったのがこちらのバイクです!!

JAMIS DRAGONSLAYER 27.5+ SPORT

しなやかなクロモリフレームにセミファットな「27.5+」ホイールを採用したこのバイク。

しかも、チューブレスレディのホイール・タイヤのためシーラントさえあればすぐにチューブレス化ができ、乗り心地は驚くほど向上します。ふわふわとした浮遊感が楽しめて、サスペンションが不要なのでは無いかと思うぐらいのクッション性です。

コンポーネントはシマノのSLX 11速。フロントはシングルギアでシンプルにまとめているためトラブルが少なく、走ることに集中出来そうです!

シンプルな細身のフレームに、ボリューミーなセミファットタイヤの対比が素敵な一台!

ハンドル・ステム・シートポストは同郷アメリカの「RITCHEY」で纏められているのもカッコイイですね!

クロスカントリーでは流石に重さが気になるでしょうが、トレイルライドには大活躍しそうな予感。今からトレイルを走るのが楽しみで仕方ありません!

来月からはイベントでガンガン乗って行きますので、興味がある方はお気軽に乗ってみてくださいね!

LINEで送る
メールで送る
スタッフタイム

新年ですので・・・インソールを替えてみました![スタッフ山本]

冬の季節、ペダリングやトレーニング方法を見直したいという方が多く、おかげさまでSHIMANOフィッティングの稼働率がフル回転状態となっております!ありがとうございます!

フィッティングを行うとペダリングに”うねり”が生じている方が多く、そのうねりを解決する一つの方法として「インソールの交換」をご提案する事が多くあります。

”うねり”の原因は数多くありますが、ペダリングを安定させる為にシューズの中で安定させる事で解決するケースが多々あります。

特に最近のシューズはBOAダイアルなどで足の”上部分”のフィットが向上しているのにも関わらず、インソールに関してはモロに足の個人差があるので、どうしてもシューズに付属しているインソールでは性能的に満たされにくいんですよね。

そこで登場するのがカスタムインソール。
当店では「Sidas(シダス)」のカスタムインソールをお薦めしています。

SIDAS.jpg

Sidasの歴史は古く、1975年からスポーツインソールの開発、販売を行っている老舗ブランド。

熱成形で一人ひとりの足型に合わせたカスタマイズを行う事により、よりフィット感が増し、更なるペダリング効率を向上させる事が可能。
熱成型はご自宅でも加工可能ですが、当店で導入している「HDバキュームシステム」では三次元方向での成型が可能となり、より精度の高い正確なフィッティングを行う事が可能なんです!


数多くの方のインソール成形をする機会が多く、ふと、そういえば自分のインソールも成形してから随分と経つなぁ・・・と思い・・・
久々に新しいものをウチのスタッフに成形してもらいました!

まずはHDバキュームに全体重を掛けて足型を作ります。

この時の姿勢や作り方が重要!
しっかりと脚をサポートするような形状にするにはちゃんとした講義を受けた上で数多く成形する経験値が必要なんです。

幸い、滋賀県下でスポーツバイクのSidas成形はストラーダのみが行っており、私以外のスタッフも経験値は豊富!
なので今回も安心して成形を任せることができます(笑)

実際にインソールを入れ替えてみると・・・もうその瞬間で違いがわかります。古くなっていると意外と形状もヘタるんですね。さすがに5年も使うと寿命ですね(笑)

冬のシーズン、新しい機材を投入される方も多いですが、個人的には「身体(ソフトウェア)に対する機材投資」という意味でもカスタムインソールをオススメします!

草津本店&彦根店で常時施工可能ですので、気になる方はお気軽にお尋ねくださいね~

LINEで送る
メールで送る
スタッフタイム

2017年誠にありがとうございました!

2017年の営業も今日でおしまいです。
今年も皆様にご愛顧いただき、なんとか越すことができます。

本当にありがとうございます。
2001年に瀬田で産声をあげたストラーダバイシクルズも18年目に突入。
さらに皆様のお役に立てるようにスタッフ一同努力してまいりますので、2018年もなにとぞよろしくお願い申し上げます!

個人的には・・・来年こそ万全な体調でアイアンマンに出場するぞ!と誓いつつ忘年会に向かうテンチョー井上でした。

載せる写真が思い当たらなかったので、窓拭き中の厚海をパシャリ。年末におっさんの写真よりいいですか・・・。

 

 

LINEで送る
メールで送る
テックレポート

年末納車ラッシュ![スタッフ熊谷]

彦根店熊谷です。
本日もテックレポート。年末は毎年納車ラッシュ!新車の組み立てにオーバーホール、パーツ載せ替えなど大忙しなのですが、今年は年末にかけて高級バイクが目白押し!テンチョー井上も加わって4名でアッセンブル業務に勤しんでいます!

まずはイタリアの至宝。ピナレロのフラッグシップモデルF10!パーツも揃いいよいよ組み立てです!I様お待たせいたしました!これでお正月をニューバイクと過ごしていただけます。

つぎはトレックの契約ライダーでプロトライアスリートの山本良介選手のニューバイク、EMONDA SLR。各部のセッティングを打ち合わせしながらアッセンブル予定です。

 

次はトラックレーサーのブリヂストンANCHOR のTM8。ベロドロームで走るための本当のピストバイクですね。

さらにトラックレーサーが続きます。ワールドカップ常勝のサーベロT4が2台。ピュアコンペティションバイクが続くので緊張の連続!

きっちり仕上げますので夜討ち朝駆けで頑張りますよ!!!(ブラック企業ではありませんw)

LINEで送る
メールで送る
レポート

ひさびさにシクロクロス参戦!![スタッフ山本]

彦根店店長のヤマモトです!
冬ですねぇ。すっかり寒くなりましたが、寒い季節と言えば?お鍋やコタツも良いですが、自転車乗りなら「シクロクロス」でしょう!

元はMTBをはじめとしたオフロード競技からスポーツバイクをはじめたワタクシ、シクロクロスについては幾度とアピっているように(笑)、元はトップカテゴリで全日本もそこそこの順位をとった経験がございます(エッヘン)

そんな私もすっかり弱り、とてもとてもトップカテゴリで走る体力はありません。が、シクロクロスにはマスタークラス(別名:オッちゃんクラス)が設定されており、どうにかこうにかこのクラスのトップM1カテゴリまで上る事ができました。って事で、今回は1年ぶりに参加してきたシクロクロスのレースの模様をばレポートさせていただきます~

前回の参戦と同じく、関西シクロクロスの烏丸ステージに参戦!
問題はM1クラスの開始時間・・・13時55分というほとんど最後に近い時間なので、正直なところお仕事の関係でなかなか参戦できないのが難点・・・なので、今シーズンはこの烏丸ステージのみの参戦となります。

そこで課題なのがM1の残留規定。トップから25%(だったかな?)のタイムギャップでゴールしないと来年はまたもやカテゴリが降格し、M2からの参戦となります。うーんこれは辛い。けど、今シーズン初戦のワタクシ、もちろんポイントがあるわけもなく、スタートゼッケンは58。ほぼ最後尾ってヤツですね(笑)

どこまで追い上げられるかわかりませんが、とにかくスタートしたらブリブリと後先考えずに前へ進むことしかありません。うーんこの単純さがオフロード競技の愉しさですね!

シクロクロスレースの参戦は約1年前。この「短時間&高強度」に身体はビックリしていますが、ここは経験値で乗り切ります。「だいたいこれくらいの強度なら耐えられる」ってのを身体が分かってくれるのと、「あのレースよかラク」というポジティブシンキングで、己に負けちゃいそうなココロを奮い立たせます。

何よりも力強いのはコースサイドからの声援!当店のお客様や昔からのレース仲間、そして彦根店で新しくお会いした方など、とっても多くの方からお声をいただける。声が背中を押してくれる。観客とライダーが近いオフロード競技の醍醐味ですね。

そして、この日なによりも力になったのが「10位以内なら〇〇を買うよ~」という刺激的な声援(笑)
おかげでスイッチが入り、眼が三角に!!
ブリブリブリブリブリブリブリブリと前へ進み、何とか10位ゴール。どうやら降格にならずに済みました。ホッ。

走っている時は「なんで、こんな、しんどいこと、してん、だろ?」と考えてるんですが、終わると「あーまた走りたいなぁ」と思えるのが、シクロクロスの魅力。
私の今年の参戦はとりあえず終了ですが、来年こそはお仕事を落ち着かせて(笑)、全日本にチャレンジしたいと思います!!

LINEで送る
メールで送る
テックレポート

ウワサのフミバイク組み立て中 [スタッフ熊谷]

彦根店熊谷です。所属は彦根店なのですが、実は全社のバイク組み立てや修理の責任者でもあります。とくに高額バイクになると私の出番。彦根店、草津本店のどちらでもテックを担当しているのです。

さてこの日はウワサのあのバイクを組み立て。

そう!TREKのトップモデル「MADONE」の別府史之選手シグニチャーモデル!

MADONEはもともと専用パーツが多く、インターナルのブレーキアウターの長さなんかもとてもシビアなモデル。それだけにアッセンブルする方にも気合が入ります!

なんだか見慣れない漢字・・・ではなくフランス語です。Je sais que je peuxって書いてあります。

これにシマノの電動パーツ、デュラエースのパワークランクなどをインストール!なんとか年末までに間に合いそうです。

トライアスリートのM様、楽しみにおまちくださいませ!これで来年のアイアンマンで暴れまくってください!

LINEで送る
メールで送る
スタッフタイム

新しいウェアで、カメラを持って!またもや○○○へ![スタッフ田中]

寒さってなかなか慣れませんね・・・皆様は風邪とか大丈夫ですか?

かなり寒い日が続いておりますが、びっくりするぐらい身体が丈夫なスタッフ田中は今日も元気バリバリで働いております!うるさかったらごめんなさい!!(笑)

前回のお休みは、おニューのRivelo(リベロ)のウェアを着て、ウッキウキであるところに行ってきました!!

・・・まあ、お察しの通りルモンです!(笑)

代わり映えのない写真ばかりではあれなので、今回は初めてカメラを持って来てみました。

撮ってもらったイキッてる僕の写真

さらに今回は同伴者あり!イベント以外では極めて稀なケースですが・・・

ルモン初体験の新人スタッフ・タキノも無事登りきることが出来ました!そのうちルモンで僕に勝つと豪語してますが、今後に期待ですね。

頂上で先日納車したばかりのお客様と偶然合流したので、バイクを撮影させてもらいました!

(O様、写真お渡ししますので、またお越しくださいね!)

買ったばかりのRiveloウェアは、すごく着心地が良くて氷点下の下りでもバッチリでした!何より、カッコ良すぎてめちゃくちゃテンションが上がります♪

ルモン108本チャレンジは、やっと折り返し・・・うーん、僕がなんとかしなければ・・・!!

皆様、ぜひご協力くださいね!

絶対に達成して、気持ち良く新年を迎えましょう!!

 

LINEで送る
メールで送る
スタッフタイム

さて、ヒザのケアですが・・・[スタッフ山本]

彦根店店長のヤマモトです~
前回の「寒い季節はヒザにご注意!!」で記載していたように、寒い季節に膝を痛めてしまう人が意外と多いんですが、そういう方に超絶にオススメしているのが・・・サポーターなんですね。

個人的には絶対にハズせないのが、このサポーター。
膝へのインパクトを防ぐ方法は数多くありますが、経験上、一番良いと思ったのは「テーピング」でした。が!毎回のライドでテーピングを行うのは正直めんどくさい(笑)かつ、コストもバカになりません。
ので、そこからがサポーター探しの旅でした・・・

ここにあるサポーターはほんの一部。私が膝を壊したのは今のようにインターネットもない時代。
とにかく色んな人に意見を聞き、様々な文献をあさり、そして見つけたのが・・・!

サポーターブランド「ZAMST」の「SK-1」というモデルなんです!
いやぁ、このサポーターに行きつくまでに多分10万円以上は注ぎ込みましたね・・・
※ちなみにこのZAMSTは当店での取り扱いがありません!ここらへんがリアルでしょ(笑)

しかし!重要なのはこのSK-1の使い方とサイズ!
実際にどうやって使うかは・・・店頭にて私までお尋ねください!(笑)

そしてそして・・・残念ながらこのSK-1、廃盤になってしまいました・・・あああああ!これからどうするのか、ジブン。
まだまだサポーター探しの旅は長く続きそうです(泣)

LINEで送る
メールで送る
スタッフタイム

冬でも頑張ってトレーニングしましょ![スタッフ上野]

こんにちは!スタッフ上野です。
トレーニング方法について真剣に書きましたので一読していただけると幸いです。

今月からルモン108本チャレンジを開催していますが、久しぶりにスタッフ上野もルモンにチャレンジしました!!

お客様と一緒にルモンに行った時は22分と自分にしては好タイムでした。
そこで意気揚揚と21分台を出すべく気合を入れて一人で走りに行ったらタイムが遅いのなんのって!!
22分がサイコンのエラーじゃないかって思うほど惨敗でした。

そこで何が自分に足りないのかを考えてみましたが・・・心配ではなく心肺の弱さだと思いました。
心肺機能を鍛えると言いますが、さてどのようにトレーニングをしたらいいのでしょうか??

まずは心拍計を使用する事です。ある程度の負荷をかけて走行すると心拍数が上昇していきます。負荷を止めると心拍数は落ち着いてきます。
心肺機能が高い人ほどすぐに平常心拍に落ち着き、心拍数の戻りが速く、すぐに息が整う人の事をいいます。

さぁ、ここからが今回のBlogの本番!心肺機能を高めるには単純にロードバイクに乗っていても鍛えられません。
じゃあ、どうしたいいかというと「インターバルトレーニング」を行う事が重要かなと思っています。

インターバルトレーニングというのは例えば15秒間全力でもがいて、その後45秒間ゆっくり走るというのを1分として数セット繰り返すトレーニングです。
心拍数を一気に上げ、落とすを繰り返し強制的に肺に強い負荷を与えてやります。
スタッフ上野はパワーメーターを用いてローラートレーニングをしています。←(パワーメーターに関してはまた別の機会にお話ししますね)

ただ、このトレーニングの問題は「めちゃくちゃしんどい」という事です。「気合い」をいれないと到底できません。
このインターバルトレーニングを冬の間に黙々とこなせば、春になれば必ず効果が表れると信じてやり続けるのみです。

インターバルトレーニングはローラーが適していると思いますが、外で乗る時もただ乗っているだけでなく、ある事をするだけでインターバルトレーニングになります。

その「ある事」とは次のBlogで詳しくご説明致します。次のBlogまで待てないよ!という方は店頭にてスタッフ上野がコソッとお教えしますね。
その他にもトレーニング方法について気になる方はいつでもお気軽に聞いてくださいね。

LINEで送る
メールで送る
スタッフタイム

ライダス

ストラーダバイシクルズで一番のレアキャラになってしまいました、テンチョー井上です。
「最近見かけなくなったじゃない・・・」
「寂しくなったのお・・・」
「何してるの・・・」
などと巷でささやかれ、ご迷惑をおかけしている今日この頃・・・。
私はなんとか元気にいきております。店舗には立っておりませんが、いつも草津本店のバックヤードや彦根店のどちらかにはおります。

「じゃあ、そこでナニしてるの?」。。。今日はそこが本題。

実は昨年から別会社を立ち上げました。その名も「株式会社ライダス」

 

スポーツバイシクルの本質である「乗ることの楽しさ」。それをご提供することがスポーツバイクショップの務めであると、従来より社是といたしてきましたが、昨今の業界の盛り上がりや、ブランドからの「セレクトショップ化」の追及などもあり、ショップの業務は拡幅するばかり。一方でイベント業務はなかなかにご提供できなくなってきました。
従来はレース志向のお客様にフォーカスしてビジネスを進めてまいりましたが、最近は原点回帰でサイクリングやツーリングなどのお客様がたくさんご来店いただくようになりました。
そこで意を決して作り上げたのがライダスです。

この会社は物販ではなくイベント系のサービスを販売しています。
主な事業としては・・・

①ガイド付きサイクリングツアー

②自転車メーカーとのコラボレーションイベント

③サポートカーを使ったアシストビジネス

④バイクジムの運用

などなどです。実際に稼働しているのはまだ少しですが、ストラーダバイシクルズでは対応しきれなかった需要にお応えすべく日夜勉強しております。

さらに事業展開していく予定ですので乞うご期待!

写真は先日開催させていただいた旧中山道ツーリングの様子です。

LINEで送る
メールで送る